賃貸オフィス・賃貸事務所の記事

賃貸不動産市場その動向と相場 2014年6月期

賃料相場

2014年10月6日

大型需要が活性化 シービーアールイー㈱の調査によると、2014年6月期の札幌市中心部の空室率は、対前期(同年3月期)比で0.5ポイント低下して5.7...

ニーズは依然築浅中心 シービーアールイー㈱の調査によると、2014月6月期の仙台市の平均空室率は、前期(同年3月期)から0.5ポイント低下して9.0...

23区のマーケットは回復基調 シービーアールイー㈱の調査によると、2014年6月期の東京グレードAビルの空室率は4.8%となり、対前期(同年3月期)...

高価格帯にも引き合い シービーアールイー㈱の調査によると、2014年6月期の横浜の空室率は8.0%と、対前期(同年3月期)比2.1ポイントの上昇を示...

大宮の新築ビルは好調 シービーアールイー㈱の調査によると、2014年6月期の「さいたま」エリアの空室率は4.7%と、対前期(同年3月期)比で0.3ポ...

市内全エリアで空室率低下 2014年6月期、名古屋市全体では、2期連続して空室率が低下した。業績拡大に伴う館内増床やオフィス環境改善を動機とした移転...

金沢の2014年6月期の空室率は、対前期(同年3月期)比0.5ポイント上昇の13.1%となった。5月に竣工した新築ビルが満室稼働したことにより新規に発生し...

大阪経済は回復基調に 大阪の経済状況は、消費税の引き上げに伴う駆け込み需要の反動が見られるものの、回復基調であるという見方が大半となっている。実際に...

神戸のオフィス市場 今期の神戸市の空室率は、9.4%となり、前期(2014年3月期)の9.6%から0.2ポイント低下した。テナント動向としては、事業...

待たれる新規供給 広島のオフィス市況は、景況感の改善と地元本社企業のマツダの業績好調を背景に、新規開設が増加する一方、既存テナントの拡張移転・増床等...

空室率は前期と変わらず シービーアールイー㈱の調査によると、2014年6月期における高松市の空室率は前3月期と変わらず12.6%であった。 今...

賃料は緩やかながら上昇 福岡のオフィスマーケットでは、毎期空室が消化され空室率が低下しており、賃料面に関しても緩やかながら上昇傾向にあるといえる。 ...

上記の記事の内容は オフィスジャパン誌 2014年秋季号 掲載記事 掲載当時のものです。

他カテゴリの記事を読む

関連記事

賃貸不動産市場その動向と相場 2019年3月期

賃料相場

2019年6月24日

現地営業担当者が語る全国主要オフィスエリアの市場動向、2019年3月期。

賃貸不動産市場その動向と相場 2018年12月期

賃料相場

2019年3月25日

現地営業担当者が語る全国主要オフィスエリアの市場動向、2018年12月期。

賃貸不動産市場その動向と相場 2018年9月期

賃料相場

2018年12月13日

現地営業担当者が語る全国主要オフィスエリアの市場動向、2018年9月期。