賃貸オフィス・賃貸事務所の記事

賃貸不動産市場その動向と相場 2018年3月期

賃料相場

2018年6月11日

空室確保にテナントが競合 シービーアールイー㈱の調査による2018年3月期の札幌市の空室率は、前期(2017年12月期)から0.1ポイント低下して0...

大型需要も堅調 シービーアールイー㈱調査による、2018年3月期の仙台市中心部の空室率は3.6%と、対前期(2017年12月期)比で0.3ポイント低...

二次空室も早期に消化 2018年は、昨年の約2倍の新築ビルの供給があり、空室率の上昇と賃料相場の下落が予想されていた。その見通し自体は今も変わらない...

空室率は4%台まで低下 シービーアールイー㈱の調査による、2018年3月期の横浜オールグレードの空室率は4.9%となり、対前期(2017年12月期)...

さいたま空室率はほぼゼロに シービーアールイー㈱の調査による2018年3月期の「さいたま」エリアの空室率は、対前期(前年12月期)から0.4ポイント...

グレードA·B共に空室率1%台 シービーアールイー㈱の調査による、2018年3月期の名古屋オールグレードの空室率は、対前期(2017年12月期)比0...

空室消化スピード加速 シービーアールイー㈱調査による2018年3月期の金沢における空室率は5.7%と、対前期(2017年12月期)比0.5ポイント低...

インバウンド効果 ここ数年、訪日外国人が急増しているが、特に関西ではその増加の伸び率が著しく、インバウンド消費も増加傾向である。経済効果は多くの産業...

神戸のオフィスマーケット 神戸における2018年3月期の空室率は、対前期(2017年12月期)比で0.4ポイント低下して3.2%となった。昨年後半に...

高松・松山のオフィス市場 シービーアールイー㈱の調査による2018年3月期における高松市の空室率は7.7%となり、対前期(2017年12月期)比0....

注目される広島駅北口再開発 シービーアールイー㈱の調査による広島市内中心部の2018年3月期の空室率は2.9%で、対前期(2017年12月期)比0....

今期も空室率は最低値を更新 シービーアールイー㈱の調査による、2018年3月期の福岡主要オフィスゾーンの空室率は、対前期(2017年12月期)比0....

上記の記事の内容は BZ空間誌 2018年夏季号 掲載記事 掲載当時のものです。

他カテゴリの記事を読む

関連記事

賃貸不動産市場その動向と相場 2015年6月期

賃料相場

2015年11月9日

2015年6月期の全国主要オフィスエリア市場動向をCBREの現地営業担当者が語ります。

賃貸不動産市場その動向と相場 2015年3月期

賃料相場

2015年8月10日

2015年3月期の全国主要オフィスエリア市場動向をCBREの現地営業担当者が語ります。

賃貸不動産市場その動向と相場 2014年12月期

賃料相場

2015年5月19日

2014年12月期の全国主要オフィスエリア市場動向をCBREの現地営業担当者が語ります。