貸店舗・賃貸店舗の記事

ナレッジキャピタル|プロジェクト探訪

都市別特集

2020年10月13日

大阪駅前から新たな価値を創造する「ナレッジキャピタル」。
その過去、現在、そして未来。

2013年の「グランフロント大阪」開業以来、大きく変貌を遂げてきた大阪駅北地区・通称「うめきた」。その中核施設として、「感性と技術の融合により新たな価値を生み出す“知的創造・交流の場”」をコンセプトに進化の一翼を担ってきたのが「ナレッジキャピタル」である。大阪駅前に優れたナレッジ(人・情報・技術・知識)を集積させ、新しい価値の創出拠点を目指すと、理想を語る裏側には一体、どのような具体的な施策があるのだろうか。そして、どのようなプレイヤーがどのような目的で集まり、何が生み出されていくのか。今季号の「BZ空間」では「プロジェクト探訪」と題し、このナレッジキャピタルにスポットを当て、7年間の成長と現在のポテンシャル、その将来像を探る。

KNOWLEDGE CAPITAL

KNOWLEDGE CAPITAL

世界の玄関

世界に開かれた国際交流の場。
関西国際空港から約1時間。海外からのアクセスもスムーズなナレッジキャピタルには、世界とのゲートウェイとして国際色豊かな人材や情報が集まります。

大阪の玄関

大阪の中心、グランフロント大阪。
1日約250万人の乗降客を誇るJR大阪駅直結の「グランフロント大阪」は、ショッピングモール、オフィス、ホテルが一体となった大型複合施設。ナレッジキャピタルは、その中核施設です。

イノベーションの玄関

民間企業協働の世界に類のない都市型施設。
13の民間企業により運営される、イノベーションをテーマとした複合施設。これほど大規模なケースは世界でも珍しく、広く注目され、世界中から多くの方々が来訪しています。

交流を促すハード&ソフトを兼ね備えた「新しい価値創造」の拠点。 グランフロント大阪の中核施設としてこれからも進化し続ける。 一般社団法人ナレッジキ...

ファンに愛される老舗メーカーが設立した、趣味を楽しむライフスタイル提案拠点。 初心者、一般層へのアピールを企図し、都市生活者が行き交う梅田に開設。 ...

本社の建替をきっかけに、自社施設の外にショールームを設置。 幅広い年代・属性の人が行き交う立地で、アルバムづくりの楽しさや製本の文化を訴求。 ナカ...

大学が誇る「疲労研究」の拠点を、大阪の中心部に構築。 産・官・学・医・消費者の連携で、健康科学分野でイノベーションを興す。 大阪市立大学 法人企画...

多様な人々が集うコラボオフィスに、イノベーションセンターを開設。 社内外の様々な人材との交流で、新たな価値創造を目指す。 株式会社クボタ インキュ...

上記の記事の内容は BZ空間誌 2020年秋季号 掲載記事 掲載当時のものです。

よく読まれている記事

関連記事

オールバーズ 原宿店|店舗出店ケーススタディ

ケーススタディ

2020年10月6日

海外通販などで日本でも知る人ぞ知るサンフランシスコ発のシューズブランド「Allbirds (オールバーズ)」が、今年1月、原宿...

環状第2号線開通で変わる街、虎ノ門、臨海副都心

都市別特集

2020年9月29日

東京2020オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)を来年にひかえ、大規模な交通インフラ整備や大型の開発が進む東京中心部。その中心を貫く幹線道路、...

数字でみる、 「銀座」「心斎橋」 リテールマーケット

都市別特集

2016年9月26日

これまで、ほぼ仲介営業担当者の経験値のみで語られてきたリテールマーケットの「見える化」を一部実現。