賃貸オフィス・賃貸事務所の記事

成長ベンチャーに訊く|FinTech

ケーススタディ

2019年2月5日

成長著しいFinTechのトップにインタビュー。
発展の軌跡とワークプレイスの変遷。 今後の働く場所と働き方は?

成長ベンチャーに訊く | FinTech

これまでの金融機関のイメージといえば、巨大資本に高い知名度、都心に本社を構え、全国に支店網を張り巡らすといったものではないだろうか。ベンチャー企業とは全く逆のイメージだが、この状況が、今、大きく様変わりしつつある。それを強く牽引しているのが、いわゆる「FinTech」の進展である。いまさらであるがFinTechとは、ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスとIT技術を結びつけた革新的な動きを指す。そして、これらを駆使した金融IT分野のベンチャー企業がFinTechと呼ばれていることも、ご承知の通りである。

一口にFinTechと言ってもその分野は多岐にわたり、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨から、容易かつ安全な決済サービスを提供するスマートペイメント、ロボアドバイザーを用いた資産運用、クラウドファンディング、ソーシャルトレーディング等々、あらゆるカテゴリーで様々なサービスが提供されている。上の地図は、これらFinTechを分類し、代表的な担い手である企業をプロットしたもの。よく言われることであるが、ほとんどの企業が渋谷から六本木を経て大手町・日本橋に至る一直線上に並んでおり、東京におけるFinTech企業の特徴的な集積が見て取れる。

連載が復活した「成長ベンチャーに訊く」の第2回目は、この発展著しいFinTechにスポットを当て、各金融カテゴリーを牽引するクラウドクレジット、QUOINE、ウェルスナビのトップにお話をうかがった。三社三様の起業経緯から、創業時のオフィスの様子、そして未来のビジネス像と働き方・働く場に対する考えとは。

立ち上げ時の苦しい時代には身の丈に合ったオフィスが基本。 質実剛健に爽やかさをプラスして金融ベンチャーらしさをアピール。   クラウ...

仮想通貨で金融の未来を変える。 ネットで世界とつながりながら、チームの一体感を醸成できるオフィスをつくりました。   QUOINE株...

エンジニアから金融の専門家まで、多様性を尊重しつつ一体感を醸成。 テクノロジーの重要性がさらに増す中、渋谷での成長を今後も選ぶと思います。   ...

下記リンクより、過去のインタビュー記事がご覧いただけます。

上記の記事の内容は BZ空間誌 2018年冬季号 掲載記事 掲載当時のものです。

他カテゴリの記事を読む

関連記事

日本郵政グループ

ケーススタディ

2019年4月2日

民間企業としてさらなる成長と発展のため、 グループ間連携強化と新たなビジネス創造に挑む。 霞が関から大手町へ、4社6,000人の本社機能統合移転。 ...

アイロボットジャパン合同会社

ケーススタディ

2019年1月8日

“アイロボットらしさ”を世界各国のオフィスで共有。 グローバル戦略、ビジネス効率、ブランディングを勘案した コラボレーションを育む、新東京オフィス。 ...

人気シリーズ復活! 成長ベンチャーに訊く

ケーススタディ

2018年10月3日

人材ベンチャー企業のトップに訊く、 事業拡大とともに進化するオフィスと、今、求められるワークプレイスとは?