賃貸オフィス・賃貸事務所の記事

賃貸不動産市場その動向と相場 2014年9月期

賃料相場

2015年1月20日

市況は堅調に推移 シービーアールイー(株)の調査によると、2014年9月期の札幌市中心部の空室率は、対前期(同年6月期)比で1.1ポイント低下の4....

既存の大型物件にも注目 シービーアールイー(株)の調査によると、2014月9月期の仙台市の平均空室率は、前期(同年6月期)から0.3ポイント低下の8...

グレードAの空室率は横ばい シービーアールイー(株)の調査によると、2014年9月期の東京グレードAビルの空室率は4.8%で、前期(同年6月期)から...

みなとみらいの市況は改善傾向 シービーアールイー(株)の調査によると、2014年9月期の横浜の空室率は8.1%と、対前期(同年6月期)比プラス0.1...

大宮では二次空室も順調に消化 シービーアールイー(株)の調査によると、2014年9月期の「さいたま」エリアの空室率は4.9%と、前期(同年6月期)に...

グレードAの空室率2%台に低下 名古屋のグレードAビルでは、一部のビルで解約に伴う空室が顕在化したが、館内増床や拡張移転等、積極的な動きによって空室...

金沢市の2014年9月期の空室率は14.3%となり、今年3月期の12.6%を境にして2期連続で上昇した。 今期空室が増加した要因は、期限付きの賃貸借...

商業地の基準地価上昇 今年9月に発表された大阪府の基準地価は、商業地が2年連続で上昇、住宅地は横ばいとなった。商業地の上昇率は2.2%と、東京都に次...

神戸のオフィス市場 2014年9月期の神戸市における空室率は、対前期(同年6月期)比1.0ポイント低下した。神戸は、関西圏の中で大阪や京都に比べて空...

広島駅周辺の需要が旺盛 広島市内のオフィス市況は、引き続き堅調な動きを見せている。「広島駅周辺」は、業績好調なマツダの影響で、取引先絡みの移転や新規...

500坪超の大幅な空室消化 シービーアールイー(株)の調査によると、2014年9月期における高松市の空室率は11.1%となり、対前期(同年6月期)比...

プラス要因の需要が活発 福岡市内のオフィスマーケットは、昨年から続いている市況改善の影響もあり、今年後半も毎月緩やかではあるが、空室率が低下してきて...

上記の記事の内容は オフィスジャパン誌 2014年冬季号 掲載記事 掲載当時のものです。

他カテゴリの記事を読む

関連記事

賃貸不動産市場その動向と相場 2019年6月期

賃料相場

2019年9月9日

現地営業担当者が語る全国主要オフィスエリアの市場動向、2019年6月期。

賃貸不動産市場その動向と相場 2019年3月期

賃料相場

2019年6月24日

現地営業担当者が語る全国主要オフィスエリアの市場動向、2019年3月期。

賃貸不動産市場その動向と相場 2018年12月期

賃料相場

2019年3月25日

現地営業担当者が語る全国主要オフィスエリアの市場動向、2018年12月期。