貸店舗・賃貸店舗の記事

コロナ禍のリテール動向とその未来は?−アフターコロナの出店戦略

COVID-19:リテールマーケットへの影響とアウトルック

新型コロナウイルスの感染拡大は、リテールマーケットに大きな影響を与えた。感染拡大抑制に伴う営業自粛の要請、消費者マインドの悪化、インバウンド需要の激減、サプライチェーンの停止などにより、多くのリテーラーが減収・減益を余儀なくされた。そのため、実店舗を出店しているリテーラーの多くが、入居するビルオーナーに対して賃料の減額要請をおこなうなど、実店舗のコストを縮小することでキャッシュ・フローを改善し、経営を安定させようとしている。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大によって、今後の実店舗の出店戦略が変わったというリテーラーもみられている。 本レポートでは、新型コロナウイルスの感染拡大が主要リテールエリアに路面店舗を出店しているリテーラーに及ぼした影響について、関連するマクロ指標やCBREがおこなった緊急アンケート から読み解き、今後のリテールマーケットについて考察する。

シービーアールイー株式会社 リサーチ ディレクター 栗栖  郁

シービーアールイー株式会社
リサーチ
ディレクター 栗栖 郁

2019年11月下旬、中国湖北省武漢市で「原因不明のウイルス性肺炎」として最初の症例が確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、パンデミッ...

日本のリテール環境を関連するマクロ指標からみていく。緊急事態宣言が発出された4月7日から5月27日の間、外出の自粛や店舗の休業が要請され、多くの実店舗が休...

ここからは、主要なリテールエリアに路面店舗を出店しているリテーラーを対象におこなった「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する緊急アンケート」...

主要なリテールエリアに路面店舗を出店するリテーラーの中には、新型コロナウイルス収束後の出店戦略が感染拡大前に比べて変わったと考えるリテーラーが多く...

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

上記内容は BZ空間誌 2020年秋季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

貸店舗・賃貸店舗の記事を検索

よく読まれている記事

関連記事

コロナ禍、閉店する店舗のはなし

主要なリテールエリアにおける路面店舗の実態調査 主要なリテールエリアにある路面店舗の閉店が増えている。新型コロナウイルス感染症(COVID-...

株式会社富士薬品|プロジェクトケーススタディ

ケーススタディ

2020年11月6日

富山で創業し、1954年からは埼玉を本拠地に事業を展開してきた、複合型医薬品企業「富士薬品」。 300万軒の家庭とネットワーク...

ナレッジキャピタル|プロジェクト探訪

都市別特集

2020年10月13日

大阪駅前から新たな価値を創造する「ナレッジキャピタル」。 その過去、現在、そして未来。 2013年の「グランフロント大阪」開業以来、大きく変貌を遂...