貸店舗・賃貸店舗の記事

コロナ禍、閉店する店舗のはなし

主要なリテールエリアにおける路面店舗の実態調査

stores_to_close-image

主要なリテールエリアにある路面店舗の閉店が増えている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響に因ることは言うまでもない。感染抑制のための外出自粛や営業自粛などによって、多くのリテーラーが減収・減益を余儀なくされた。

そこでCBREでは、東京(銀座・表参道・原宿)、大阪(心斎橋)のハイストリートならびにセカンダリーエリア1にある路面店舗を対象に、閉店の調査をおこなった。閉店した路面店舗の実態や傾向を把握することで、コロナ禍において物件オーナーに求められるリーシング施策について考察した。

1:商業の繁華性、賃料の水準、リテーラーの出店ニーズなどを鑑み、CBREが定めるストリートやエリア。

シービーアールイー株式会社 リサーチ ディレクター 栗栖  郁

シービーアールイー株式会社
リサーチ
ディレクター 栗栖 郁

本レポートでは、主要なリテールエリアにおける路面店舗の実態調査をおこなっているほか、コロナ禍において物件オーナーに求められるリーシング施策も分析し...

主要なリテールエリアにある路面店舗の閉店が増えている。〔Figure 1〕は、東京(銀座・表参道・原宿)、大阪(心斎橋)のハイストリートならびにセ...

閉店の動向はエリアによって異なる〔Figure 5〕。表参道、原宿、心斎橋の各エリアでは、2020年の年間閉店数が過去2年よりも増えている...

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2020年は主要なリテールエリアにある路面店舗の閉店が増加した。1度目の緊急事態宣言が発出された2020年...

上記の記事の内容は BZ空間誌 2021年夏季号 掲載記事 掲載当時のものです。

よく読まれている記事

関連記事

海外マネーを集める日本の物流施設

日本の投資市場に海外からの投資が流入している。なかでも日本の不動産市場に対する関心は2020年に高まったと言える。特に、新型コロナウイルス感染症(COVI...

ハーマンミラーストア青山|プロジェクトケーススタディ

ケーススタディ

2021年8月6日

1905年にアメリカで創業し、モダンファニチャーの概念をつくりだした老舗家具メーカー「ハーマンミラー」。昨年2020年12月1...

コロナ禍のオフィスづくり

コロナ禍、多くの企業が、今後の働き方、働く場についての明確な解答を見出せずにいる。これまで培ってきたセオリーは過去のものとなり、オフィスづくりは手...