貸し倉庫・賃貸倉庫の記事

不動産マーケットアウトルック2020|物流市場

賃料相場(最新)

2020年3月27日

※ 本レポートは2020年1月に発表されたものです。

サマリー

2019年の大型マルチテナント型物流施設(LMT)の新規需要は、三大都市圏の合計で100万坪に届く勢い。2018年の記録を40%ほど上回って過去最高を記録する見込み。eコマースの拡大のみならず、自動化設備やロボット技術の導入に加え、トラックドライバー不足対応のための配送中継拠点の開設など、物流業界の改革がLMTのニーズに直結している。むこう2年間は、首都圏、近畿圏、中部圏のいずれにおいても需給バランスはタイトな状況が続くだろう。首都圏LMTの実質賃料は、2019年Q4に対前年同期比+2.4%の4,250円/坪となる見込み。2021年Q4までにさらに2.1%の上昇を予想する。上昇ペースが緩やかになるのは、2%前後という記録的な低水準となった空室率がさらに大きく低下することは考えにくいことと、2021年には過去最高規模の新規供給が控えているためである。近畿圏でも2021年の新規供給は2017年と並ぶ過去最高規模。しかし新興エリアの順調なテナント決定や湾岸部の需要回復に鑑みると、向こう2年間の空室率は8%以内に収まるだろう。中部圏で現在発表されている2021年までの開発計画は計2棟。LMTとしては新興立地の物件だが、物件の選択肢が限られるなか、ニーズは堅調とみられる。空室率は、供給の影響で一時的な上昇はあるものの2021年末は4%程度にとどまる見通し。

ECモールの流通量はまだ拡大の途上である 一方で、製造業や小売業は自社ECサイトを通じたダイレクト通販にも積極的 eコマースの拡大は在庫の総量を増...

首都圏のLMT*マーケットは、2019年は記録づくしの年となりそうだ。新規供給は2004年の調査開始以来、過去最高の60万坪となる見込みだが、新規需要はそ...

近畿圏LMT*では、過去最大の新規供給(29万坪)となった2017年以降2年半の間、10%を超える空室率が続いた。しかし2019年に入ると順次低下し、20...

中部圏LMT*の2019年の新規供給は、2017年の9万坪を凌ぐ過去最高の10万坪。中部圏マーケットは、この3年間でストック面積が2.6倍に急拡大した。空...

不動産マーケットアウトルック2020

2019年から足元にかけての日本経済は、輸出ならびに消費マインドの低迷を主因に弱含み。しかし不動産賃貸市場は、ワークプレイス改革のほか、人材難、購買活動の変化など構造変化への対応ニーズが牽引、いずれの主要市場も需給はタイト。年後半にかけての世界経済回復の期待も高まるなか、今後の不動産市場の行方を考察する。

不動産マーケットアウトルック2020 PDF版のダウンロードページはこちら

  • 上記リンクをクリックすると、レポートダウンロードサイト『Global Research Gateway』にジャンプします。ページ左下の「Download Report」のボタンをクリックするとダウンロードが始まります。
  • レポートダウンロードには『Global Research Gateway』へのアカウント登録(無料)が別途必要になります。アカウントをお持ちでない場合は、表示される画面に従ってお手続きをお願い致します。

関連記事

ロジスティクスマーケットビュー 2019年第4四半期

賃料相場(最新)

2020年2月26日

2019年の首都圏新規需要は前年比6割増、空室率は過去最低の1.1% 全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市...

物流マーケット情報 ❘ 名古屋物流マーケット

賃料相場(最新)

2020年2月10日

供給が需要を喚起する 中部圏の物流マーケット LMTのさらなる開発が地域経済の発展を後押し 人口700万人とも言われる名古屋都市圏の巨...

ロジスティクスマーケットビュー 2019年第3四半期

賃料相場(最新)

2019年11月14日

全国で需要旺盛 首都圏の空室率は過去最低の2.4% 圏央道も3%を下回る 全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物...