賃貸オフィス・賃貸事務所の記事

金沢 - 賃貸不動産市場 2018年9月期

賃料相場

2018年12月13日

駅周辺や築浅ビルへの需要は堅調。 賃料は上昇基調が続く。

空室率は再び低下

シービーアールイー(株)調査による2018年9月期の金沢の空室率は6.5%と、対前期(同年6月期)比0.2ポイント低下した。前期は大型空室の顕在化により、一時的に空室率が上昇したが、今期は再び低下に転じた。一部で空室が顕在化したビルの影響が若干見られたものの、金沢駅周辺を中心として需要は引き続き堅調で、大型の新規開設の影響もあり、空室率を引き下げる結果となった。

想定成約賃料については、主に金沢駅周辺および比較的築浅のビルへの堅調なニーズにより、引き続き上昇基調で10,370円/坪となり、前期と比較して0.5%上昇する結果となった。

戸建物件ニーズも堅調

中心部への移転は、郊外の戸建物件からのものが見られるが、“倉庫部分を取り止め用途をオフィスに限定(物流の集約・アウトソース)” することが移転理由として挙げられる。この結果供給される戸建物件に対しては、営業車用に多くの駐車場を必要とする企業からの一定のニーズがあり、物件によっては早い段階で引き合いがある状況だ。北陸マーケットの特徴のひとつといえるだろう。

金沢営業所 沢田 貴弘

相場表

種別 賃料(共益費込み) 需給の動向 空室率
推移
金沢市(中心部) 7,500円~9,500円/坪 一部ビルの空室顕在化により、一定の供給があった。近隣からの移転需要が散見される。 やや上昇
金沢駅周辺 10,000円~13,000円/坪 引き続き需要は堅調であり、グレードの高い大規模ビルをはじめ、中規模ビルにおいても引き合いの強い状況。 やや低下
富山 7,500円~11,000円/坪 一部の大型の短期需要を除き、空室消化に大きな動きは見られないものの、100坪以上の需要は増加している。 -
福井 6,500円~9,000円/坪 新規開設の動きを含め、需給ともに目立った動きは見られない状況。 -
倉庫・配送センター
市内
2,500円~3,500円/坪 100~400坪の需要が散見されるものの、供給が少なく選択肢がない状況である。 -
倉庫・配送センター
市外
2,000円~3,000円/坪 300~2,000坪の需要が散見されるものの、供給が少なく、新設や移転を見送る企業が出てきている。 -
空室率推移凡例:  上昇 上昇 やや上昇 やや上昇 横ばい 横ばい やや低下 やや低下 低下 低下

※物件検討時の予算の目安です。詳しくはシービーアールイー(株)社員におたずねください。

文中の空室率については、2014年3月期より、データ算出の対象となるオフィスビルを、原則として延床面積1,000坪以上、かつ新耐震基準に準拠した物件に変更しました。

上記の記事の内容は BZ空間誌 2018年冬季号 掲載記事 掲載当時のものです。

他カテゴリの記事を読む