050-5447-7862

平日 9:00〜17:30

物件を探す

事業用不動産のあらゆるニーズを網羅するサービスと豊富な実績で、お客様の課題を解決する最適なソリューションをご提案いたします。

お役立ち情報

CBREが手掛けた、さまざまな業種・規模の移転事例のご紹介を始め、オフィスや物流拠点の移転に役立つ資料・情報をご提供しています。

マーケット情報

独自収集したデータを元に、不動産マーケットの市況を分析予測し、市場変化をいち早く捉え、ポイントをまとめた市場レポートを配信しています。
また、物件レポート、業界トレンド情報など、事業用不動産の最新情報、トレンドを配信しています。

CBREについて

事業用不動産の分野において、世界有数の企業であるCBRE。日本国内におけるその強み、拠点、会社概要をご紹介します。

ヘルプ

物件検索の使い方や、会員サービス、よくあるご質問など、当サイトをより便利にご利用いただくための情報をご紹介します。

オーナー様はこちら
仲介業者様はこちら

賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事

動き出す九州物流マーケット

「物流の2024年問題」と半導体で変わる物流のこれから

九州はアジアに近く、古くから鉄鋼、自動車、精密機械、化学製品などの製造業が集積し、日本の産業を支えてきた。かつて「シリコンアイランド」とも呼ばれ、最盛期には半導体の国内生産量の約5割を担っていた九州。近年、その比率は減少していたが、一昨年、熊本に、大手半導体メーカーTSMCが新工場建設を発表。輸出も見込まれる半導体は、その経済効果が大いに期待されている。一方、eコマースの拡大や人材不足に直面する物流業界において、DX、自動化による作業効率の向上に加え、BCPや脱炭素の観点から、モーダルシフトや物流拠点の再配置の動きが加速している。2024年4月から施行される、トラックドライバーの時間外労働の上限規制の適用、いわゆる「物流の2024年問題」は物流施設の拠点戦略に大きな影響を与えると言われている。 そこで、今回は九州の物流マーケットに注目し、大型マルチテナント型物流施設(LMT)の現状と新規供給、そして、地元の行政、アセットマネージャー、物流企業の取り組みと今後の展開に迫る。

福岡圏のLMT

福岡エリアから鳥栖エリアへ広がる
大型マルチテナント型物流施設(LMT)

詳しい福岡圏LMT:延床面積5,000坪以上の施設はダウンロード資料をご利用ください。

会員ログインいただくと、PDF版を無料でダウンロードいただけます。

商業地の発展と半導体企業の進出 福岡圏から再配置が進む 九州の物流マーケット 政令指定都市のなかで人口増加率トップになるなど、近年、その発展が目...

北九州市物流拠点構想がめざす 「物流の2024年問題」へのソリューションと ゲートウェイとしての価値創出 大きな転換点を迎えている物流。働き方改...

地域の力で、地域を動かす! 共同投資スキームによって 大型マルチテナント型物流施設を開発 2023年1月、九州の物流の要衝である佐賀県鳥栖エリア...

「物流の2024年問題」の課題解決に向けて 積極的なITの活用と自動化を推進 求められる業界全体による物流刷新 創業75年目を迎える今年、自社最...

ご移転計画のあれこれ、お気軽にご相談ください

CBREでは事業用不動産のプロフェッショナルチームが、お客様の経営課題や不動産にかかわるさまざまな課題解決をサポートします。

上記内容は BZ空間誌 2023年春季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

記事を探す

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。
ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は右記のフォームからお問い合わせください。

物件相談フォーム