賃貸オフィス・賃貸事務所の記事

新型コロナのオフィス市場への影響-今後のオフィス空室率予測

東京23区の空室率と東京主要3区〔千代田区・中央区・港区〕大規模ビル賃料相場

現在、感染者数の増加こそ鈍化したとは言え、世界経済に大きな打撃を与えた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行。今後、日本経済がどのような道筋を辿るのかを予測することは難しく、またオフィス市場は景気動向に対して遅効性があると言われており、影響が具現化してくるのはまさにこれからとなろう。この特集では、新型コロナの影響に対する直近の見通し、過去の不況期の振り返り、そして中国における経済活動再開の状況とその対策についてレポートする。

新型コロナ影響下のオフィスマーケット直近の見通し

  • 東京の2020年Q1の空室率はオールグレードベースで対前期比-0.1ポイントの0.6%。地方都市でも空室率は低水準を維持した。
  • 移転や新設の延期は散見されるものの、キャンセルは未だ少ない。
  • 本年は東京で20万坪弱のグレードAビルが竣工予定。テナント内定率は9割超で、これらのキャンセルも殆ど出ていない。
  • 東京を中心に賃料は弱含むと予想される。ただし東京を含む殆どの都市で来年の新規供給は限定的であるため、2021年下期には持ち直すと考えられる。

2020年6月22日

1 バブル経済の崩壊 1991年~ バブル経済というお祭り騒ぎは1991年には終焉を迎え、経済活動は急速に落ち込み、新卒採用を...

2020年4月24日発表 CBRE GLOBAL RESEARCH 「CHINA’S RESPONSE TO COVID-19」より CBR...

上記の記事の内容は BZ空間誌 2020年夏季号 掲載記事 掲載当時のものです。

他カテゴリの記事を読む

よく読まれている記事

関連記事

不動産市場の概況と見通し:これからの不動産の形を考える

セミナー動画を無料配信させていただきます。 ウェブセミナー『不動産市場の概況と見通し:これからの不動産の形を考える』

未来の働き方に関するご提言

※以下は動画の文字起こしになります。 →いま私たちは変化が激しく先が見えない時代を生きています。 多様性、複雑性が増す社会の流れの中で...

不動産市場の概況と見通し:ポストコロナを見据えて

セミナー動画を無料配信させていただきます。 ウェブセミナー『不動産市場の概況と見通し:ポストコロナを見据えて』 CBRE各部門のディレクターが...