事業用不動産レポート

ニュース、市況から、分析、診断まで事業用不動産の最新情報を紹介

賃貸不動産市場その動向と相場 2017 Q2
目次

北海道

空室率は小幅ながら低下し0.7%に。テナントニーズは依然中心部志向。

オーナー優位の増額交渉

シービーアールイー(株)の調査による、2017年3月期の札幌市の空室率は0.7%であった。前期(2016年12月期)から0.1ポイント低下と、下げ幅が小さかったのは、すでに空室が払底し、下がりようがなかったためと言えるだろう。

しかし、テナントの動きがないわけではなく、依然として新規開設や拡張移転のニーズは多い。業種としては、コールセンター等のアウトソーシング系企業を中心に、メーカー、サービス系企業で、前向きな移転が見られる。

ただし、100坪以上の大型空室はほとんどなく、館内増床により、空室が市場に出る前に消化されるケースが多く、大型ニーズの潜在化が懸念される。次いで、20~50坪程度の中小規模空室も徐々に埋まりつつあり、テナントサイドの意思決定までのスピードが速まってきている。

エリアとしては、交通の利便性や営業活動のしやすさといった観点から、空室が少ないにも関わらず、中心部に需要が集中している。

一方、市場全体の空室率の低さを背景に、大型ビルのみならず、中小ビルでも賃料の増額交渉が増えている。テナントは、移転先の選択肢が限定される中、要求を受け入れざるを得ない状況であり、オーナー優位の市場は、しばらく続くと予想される。

今年1月に竣工した「札幌フコク生命越山ビル」は、商業・オフィスゾーン共に満室で稼働している。オフィスゾーンの業種としては、コールセンターや大手メーカーが複数フロアを賃借している。その二次空室の顕在化が注目されていたが、前述したように、ほとんど市場に出てくることはなかった。次の大型供給となる2018年3月竣工予定の「さっぽろ創世スクエア」では、早くもリーシングが始まっている。

函館・旭川の市況

札幌一極集中を背景に、道内地方都市に目立った変化は見られない。新幹線の開通から1年が経過した函館市では、当初期待されたオフィス需要は芳しくなく、依然空室が多い。旭川市では、市役所立地促進部門がデータセンターおよびコールセンターの誘致に注力しており、徐々に成果が現れてきているが、今後は人材確保のための施策が必要になるだろう。札幌から道内地方都市へ、再開発による活性化の拡がりに期待したい。

札幌支店 二見 亮太

相場表

種別 賃料(共益費込み) 需給の動向 空室率
推移
札幌中心部 13,000~16,000 円/坪
大型空室がほとんどなく、中小規模の空室消化が多く見られた。テナント需要は変わらず多いが、受け皿がない状況が継続している。
やや低下
地下鉄西11丁目 9,000~11,000 円/坪
中小規模の空室で動きがあったものの、エリア全体としては堅調に推移しており、中心部からの需要流入も見られるようになってきている。
やや低下
創成川東 9,000~10,000 円/坪
中小規模の空室で動きがあったものの、エリア全体としては堅調に推移しており、中心部からの需要流入も見られるようになってきている。
低下
札幌駅北口 12,000~15,000 円/坪
大型空室がなく、中小規模の空室消化がいくつか見られ、空室率を引き下げる要因に。中心部同様、受け皿がない状況が継続している。
やや低下
琴似 7,000~8,000 円/坪 一部のビルで空室消化が見られたものの、エリア全体としては新規需要も少なく、大きな動きは見られない。 低下
白石 7,000~8,000 円/坪 札幌中心部への移転が多く見られたこともあり、空室率が上昇した。新規需要が少ないのは、引き続き変わらない状況。 上昇
倉庫・配送センター
既存
2,000~3,000 円/坪 大型物件に対する需要は堅調だが、汎用性のある物件供給が限定的な状況が続いている。 横ばい
空室率推移凡例:  上昇 上昇 やや上昇 やや上昇 横ばい 横ばい やや低下 やや低下 低下 低下

※物件検討時の予算の目安です。詳しくはシービーアールイー(株)社員におたずねください。

文中の空室率については、2014年3月期より、データ算出の対象となるオフィスビルを、原則として延床面積1,000坪以上、かつ新耐震基準に準拠した物件に変更しました。

オフィスジャパンはBZ空間に誌名が変わりました。
上記の記事の内容はBZ空間(オフィスジャパン)掲載当時のものです。

CBRE

CBREは世界450拠点以上、国内10拠点のネットワークを有する世界最大の事業用不動産サービス企業です。業界随一のデータストックと経験豊かなプロフェッショナルによって、あらゆる不動産課題に最適なサービスをご提供します。

この記事に関連した物件

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ先一覧
賃貸オフィス・貸し倉庫・貸店舗に関するお問い合わせ
オフィスの移転・新規拠点開設はシービーアールイーにご相談ください。
経営資源としてオフィスの最適化をサポートいたします。
シービーアールイー株式会社 札幌支店011-231-6931
物件をお探しのお客様