仲介賃貸オフィス・事務所の記事

大阪 - 賃貸不動産市場 2021年9月期

賃料相場(最新)

2021年12月21日

空室率は上昇傾向で推移するも、テナントの動きは徐々に活性化。

本町の空室率大幅上昇

シービーアールイー(株)の調査によると、2021年9月期の大阪グレードAの空室率は、対前期(同年6月期)比0.2ポイント上昇し1.9%、グレードBの空室率は、対前期比0.6ポイント上昇して2.7%となった。オールグレードの空室率も、対前期比0.5ポイント上昇の2.8%となり、大阪の空室率は、前期から引き続き、総じて上昇した。

大阪オールグレードの空室率をエリア別に見ると、「堂島」「淀屋橋」エリアでは、前期より0.1ポイント低下、「中之島」「新大阪」エリアは、前期から変動なし、「梅田」エリアは、対前期比0.2ポイント上昇と、上記の5エリアでは、大きな変動は見られなかった。

一方、「本町」エリアの空室率は、対前期比2.9ポイント上昇と、他エリアと比較して上昇幅が大きくなった。これは、新築ビルが空室を抱えて竣工したことが、主な要因として考えられる。

中規模築浅ビルの稼働率上昇

前述したように、大阪の空室率は、全体的に少しずつ上昇しており、前期に引き続き企業による貸室の解約・移転の動きがマーケットに出てきている。解約の理由としては、業績悪化によるものもあるが、リモートワーク併用による一部減床や、一部減床にとどまらず、思い切った大幅減床に舵を切ったケース、拠点の統廃合に伴う解約、といったものが散見される。企業が、今後のオフィスのあり方を検討した結果が、このような形で現れたと思われるケースが増えている。しかしながら、人員増加による拡張目的の動きも増えており、コロナ禍で保留を余儀なくされていた企業の動きが、徐々に活性化してきた印象を受ける。

具体的な動きが少なかった中規模の築浅ビルでも、テナントの内定や稼働率が上がってきているのも、今期のマーケットの特徴として挙げられる。

一方で、前述したような新築ビルや大型ハイグレードビルのまとまった空室に対しては、コロナ禍以前と比較して引き合いが少なく、新築予定ビルの内定率も、ほぼ横ばいの状態が続いている。2022年には、約41,000坪の新規供給が予定されているため、これらの大型空室が、どの程度内定した状態で竣工を迎えることになるのか、注目していきたい。

関西支社 吉田 誠

この記事の続きを見るにはログインが必要です

※2022年2月より新会員サービスの提供を開始いたしました。お手数をおかけいたしますが、旧会員の方は再登録をお願いいたします。

  • 会員ログインのご利用には、ブラウザや端末のCookieの設定を有効にする必要があります。 詳細はこちら

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

上記内容は BZ空間誌 2021年冬季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

仲介賃貸オフィス・事務所の記事を検索

よく読まれている記事