仲介賃貸オフィス・事務所の記事

名古屋 - 賃貸不動産市場 2021年9月期

賃料相場(最新)

2021年12月21日

空室増加に新規成約が追いつかず、様々なセクターの空室率が上昇傾向。

伏見・丸の内の空室率大幅上昇

CBREの調査では、今期(2021年9月期)の名古屋市オールグレードの空室率は、対前期(同年6月期)比1.0ポイント上昇し3.8%となった。館内増床や拡張移転が複数見られたものの、新築ビルが空室を抱えたまま竣工したため、空室率は上昇した。

空室の増加により、テナントの移転先の選択肢は増えている。また、貸主が、賃貸条件について柔軟な対応を行うケースが、一部で見られてきた。これらが、テナントの移転検討を促進する要因となっている。しかし、依然として、まとまった空室の消化には、時間を要しているのが実情である。来期以降に予定されている新規供給のプレリーシングの進捗も鈍く、今後も、空室率は上昇する見込みとなっている。

グレード別に見ると、今期のグレードA賃料は、対前期比-0.7%の27,300円/坪。空室率は、対前期比0.3ポイント上昇し、3.3%となった。まとまった空室を抱えるビルを中心に、募集賃料の引き下げや、フリーレント付与などの動きが見られた。グレードBの空室率は、対前期比1.5ポイント上昇し、3.8%となった。

エリア別に空室率の変化を見ると、「伏見・丸の内」エリアは、対前期比2.2ポイント上昇し、4.2%となった。前述したように、空室を抱えたまま竣工した新築ビルの影響である。それ以外では、「名駅」エリアで対前期比0.4ポイント上昇し4.5%、「栄」エリアで対前期比0.5ポイント上昇し2.7%、「名古屋東」エリアで対前期比0.2ポイント上昇し1.6%となっている。

エリア、ビルグレード、面積帯を問わず、新規の空室は増加している。そのため、新規成約のスピードが追いつかず、各エリア、各グレードで空室率上昇という結果となった。

テナントの動きは徐々に増加

しかしながら、テナントの動きは少しずつ増えてきている。業績好調、業容拡大など、前向きな動機で移転を計画する企業からの相談も少なくない。オフィスのあり方、人員の働き方により、使用面積、立地、賃貸条件などの精査には、より慎重になりながらも、意思決定する企業が出てきている。

コロナ禍の影響もあり、これまでは、比較的小規模面積帯のテナントの動きが中心であったが、中・大型面積のテナントの動きも、少しずつ増えてきている。空室率の上昇による選択肢の増加や、条件 緩和が重なることで、今後、テナントの動きが活発化してくることが予想される。

名古屋支店 池田 倫大

この記事の続きを見るにはログインが必要です

※2022年2月より新会員サービスの提供を開始いたしました。お手数をおかけいたしますが、旧会員の方は再登録をお願いいたします。

  • 会員ログインのご利用には、ブラウザや端末のCookieの設定を有効にする必要があります。 詳細はこちら

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

フォームへ進む

上記の記事の内容は BZ空間誌 2021年冬季号 掲載記事 掲載当時のものです。

仲介賃貸オフィス・事務所の記事を検索

よく読まれている記事