仲介賃貸オフィス・事務所の記事

横浜 - 賃貸不動産市場 2022年3月期

賃料相場(最新)

2022年6月14日

大型空室予定が続く中、前向きな需要の回復に期待。

みなとみらいの空室率低下

シービーアールイー(株)の調査による、2022年3月期の横浜オールグレードの空室率は3.3%となり、前期(2021年12月期)より0.1ポイントの上昇と、ほぼ横ばいとなった。

エリア別に見ると、「横浜駅周辺」エリアの空室率は3.2%で、対前期比0.2ポイント上昇した。一部で空室の顕在化が見られたが、引き続き、50坪前後の空室消化が進んでいる。また、比較的大型の面積帯でも、館内増床や新規開設による空室消化が見られた。

一方、「みなとみらい」エリアの空室率は3.3%と、対前期比0.1ポイント低下した。前期に竣工した物件でのテナント誘致の成功や、既存物件における数百坪規模の館内増床が見られた。

「横浜駅周辺」「みなとみらい」両エリアの既存大型物件では、年内に数千坪の空室予定がある。また、来年には「みなとみらい」エリアで、合計約25,000坪の新規供給予定があり、募集活動が本格化している。大量供給を控え、賃貸条件の見直しも図られており、弱含みの残る大型面積の需要喚起に期待したい。

川崎の大型需要は鈍化

「川崎」エリアは、大手メーカ ーのオフィス縮小の動きに影響を受け、ここ1~2年で、数百坪単位の大型空室が急激に増えた。 100坪以下の空室消化は進んでいるが、大型面積の動きは鈍い状況である。一方、今期は、近隣の武蔵小杉で数千坪の契約があり、大型需要も複数見られた。同エリアでは、来期に約7,000坪、来年には約10,000坪の大型の空室予定が控えており、引き続き、その動向が注目される。

「新横浜」エリアは、エリア外からの移転などで、数百坪単位の空室消化が複数見られた。中には、前テナントの契約終了前に、後継テナントが決まる事例もあった。

「関内」エリアは、安定した状況が続いている。大型の空室は少なく、エリア外からの移転や建て替えに伴う移転で、前テナントの契約終了前に、後継テナントが決まる事例が複数見られた。

今期は、大型の館内増床や新規開設といった前向きな需要が、複数のエリアで見られた。大型の空室予定が続く中、さらなるオフィス需要の回復が望まれる。

横浜支店 古城 直美

この記事の続きを見るにはログインが必要です

※2022年2月より新会員サービスの提供を開始いたしました。お手数をおかけいたしますが、旧会員の方は 新規会員登録 をお願いいたします。

  • 会員ログインのご利用には、ブラウザや端末のCookieの設定を有効にする必要があります。 詳細はこちら

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

上記内容は BZ空間誌 2022年夏季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

仲介賃貸オフィス・事務所の記事を検索

よく読まれている記事