仲介賃貸オフィス・事務所の記事

大阪 - 賃貸不動産市場 2022年3月期

賃料相場(最新)

2022年6月14日

グレードA空室率が大幅上昇。中・低価格帯は堅調な需要あり。

全体的に空室率の上昇傾向が継続

シービーアールイー(株)の調査によると、2022年3月期の大阪グレードAの空室率は3.8%と、対前期(2021年12月期)比1.8ポイントの大幅な上昇となった。今期の空室率上昇の主な要因は、「梅田」エリアで、空室を20%程度残して竣工を迎えた、オフィス貸室有効面積約27,500坪の大型ビル「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」の影響が大きい。

また、大阪グレードBの空室率は3.6%と、対前期比0.8ポイント上昇。大阪オールグレードの空室率は3.7%で、こちらも対前期比0.8ポイントの上昇となった。「新大阪」エリアで、1棟の大型ビル、3棟の中規模ビルが、空室を多く残して竣工した影響も大きい。

一方で、グレードBを中心とした既存ビルは、引き合い・成約ともに、やや増加傾向が見られる。主に、10,000円台半ば/坪以下の価格帯のビルに引き合いが多い。グレードBのエリア別空室率を見ると、「梅田」「堂島」「本町」で空室率が低下、「中之島」で横ばいと、中・低価格帯では、堅調な需要があることが見てとれる。他方、高価格帯かつ大規模面積の引き合いは、引き続き限定的で、未決定のまま現状空室となった大型ビルも多い状況である。

今後の見通し

今後の新規供給の予定を見ると、今年中に残り約1万坪程度、 2023年は約1万坪強、2024年には、「梅田」エリアを中心に、過去最大となる約8万坪、2025年には約3万坪と、大量の新規供給が予定されている。前述の通り、中・低価格帯のビルには、比較的堅調な需要があるものの、高価格帯がほとんどである新築物件には、引き合いは限定的であり、空室の消化については、不安感が拭えない状況である。実際に、昨年竣工済の新築ビルの空室も、いまだに多く残っている。さらには、テナントが新築ビルに移転した、退去後の大型二次空室も、具体的な募集が出始めており、苦戦が予想されている。

以上のことから、大阪のオフィス市場は、供給の増加を主因として、中期的に、一定程度の賃料下落は不可避であろう。引き続き、先行きの見通しの難しいコロナの影響や、混迷するウクライナ情勢、資源の高騰などによる、企業業績の不透明感もあり、予断を許さない状況が続くことが予想される。

関西支社 国枝 亮

この記事の続きを見るにはログインが必要です

※2022年2月より新会員サービスの提供を開始いたしました。お手数をおかけいたしますが、旧会員の方は 新規会員登録 をお願いいたします。

  • 会員ログインのご利用には、ブラウザや端末のCookieの設定を有効にする必要があります。 詳細はこちら

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

上記内容は BZ空間誌 2022年夏季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

仲介賃貸オフィス・事務所の記事を検索

よく読まれている記事