仲介賃貸オフィス・事務所の記事

オフィス内での節電方法の一例

お役立ち

2012年12月13日

1.OA 機器等

設定

  • 省エネ(省電力)モードを設定する。
  • OA機器等のこまめな電源オフに努める。特に昼休みは業務に支障のない範囲で電源オフに努める。
  • PCは、節電・待機モードに切り替わるように設定し直す。
  • プリンターやコピー機は、予熱機能や節電機能を活用する。

使用しない時間が長くない場合

  • 昼休みや会議等で30 分以上使用する見込みのないPCは「スタンバイ」または「シャットダウン」にする。
    また、デスクトップPCではモニターの電源もオフにする。
  • 席を離れるときはノートPCのカバーを閉じる。

使用しない時間が長い場合

  • OA機器等を長時間使用しないときは主電源を切る。支障がない場合には、待機電力を抑制するため、コンセントからプラグを抜く。
  • 各自のPCは、帰宅時に必ず「シャットダウン」を行う。また、デスクトップPCではモニターの電源もオフにする。
  • 夜間や土日等の長期間OA機器等を使用しない場合には、コンセントを抜くなど待機電力の削減に努める。
オフィス(個人) オフィス(共有) そのほかのスペース
機器 消費電力 機器 消費電力 機器 消費電力
デスクトップPC 100~300W 複合機 1500~2000W 電子レンジ 1000~1450W
ノートPC 50~100W シュレッダー 300~600W 電気ポット・電気ケトル 900~1300W
液晶モニター 20~60W レーザープリンタ 200~500W 温水洗浄便座 300~700W
インクジェットプリンタ 10~30W プロジェクタ 80~400W
スキャナ 2~40W

節電効果の事例

PC 不使用時にコンセントを抜くと、デスクトップ/ノートブックPCでそれぞれ14%、24%省エネとなる。
低電力機能として、モニター電源オフではなくシステムスタンバイ、システム休止を使用すると、デスクトップ/ノートブックPCでそれぞれ14~15%、8~9%省エネとなる。
PC の電源を常時オンしている場合、低電力機能をモニター電源オフからシステムスタンバイやシステム休止に変更すると、70~90%省エネとなる。不使用時に電源をオフにすると、80~90%近く省エネになる。
インターネット接続機器を使用する場合、PC使用時のみ電源を入れると90%以上省エネとなる。

POINT OA機器等 編

節電管理者を

PCは台数が多く、プリンターは1台あたりの電気使用量が大きいため、確実な実行が大きな効果を生みます。そのため、節電管理者を決めるなど、漏れなくかつ継続的に実施しましょう。

2.照明

  • 離席する際は、こまめに消灯することを習慣づける。
  • 昼休みや勤務時間前の照明は、原則として全部消灯を実施する(接客・業務等で支障がある場合を除く)。
  • 事務所内は、パーテーション、ロッカー等の配置点検を行い、採光の改善を図る。
  • キャビネ上や廊下等の照明は、支障のない程度に間引きする。
  • 時間外勤務を行う場合は、必要な箇所のみの部分消灯を実施する。
  • 最終退出者は、全体の消灯(空調機器含め)確認を行う。
  • 照明器具、ランプを年に1~ 2回清掃する。
  • 高効率蛍光灯を使用する。
  • 照明器具にプルスイッチを取り付けて、個別に消灯できるようにする。
  • 照明が必要な場合には、できるだけスタンドライトを利用する。
  • 机の配置・作業スペース見直しにより、既設照明を最大限利用する。
  • 同一水準照度を要求される業務の席配置を接近またはグループ化する。
  • 高い照度を必要とする業務は窓際近くに配置し、窓側の照明を消灯する。
    ※日射が視線に対し側方から差し込むような作業配置にする。

節電効果の事例

(60W形電球形蛍光ランプ、白熱電球の場合)、立ち上がりの影響による消費電力量増加は非常に小さく、再点灯までの時間が1分でも、一度消灯するほうが省エネとなる。

3.温度管理

  • 原則、暖房時は室温を20度に保つようにする。
  • 冬期は重ね着(ウォームビズ)等により弱暖房環境に対応した能率的な服装を励行する。
  • 始業前や終業時の空調運転時間をなるべく短くする。
  • 冬期は自然光を採り入れるなど、温度管理を工夫する。
  • 場所によって、メリハリのある温度管理をする。

節電効果の事例

2.2kwエアコン(6畳用相当)の場合、冷暖房時に設定温度を1℃調整することにより、10%の消費電力を削減できる。なお、フィルターの目詰まりがない場合、ある場合に比べて暖房時では6%の消費電力を削減できる。

POINT 照明・温度管理・空調設備 編

無理のない温度設定を

過大な空調制御は業務生産能力を低下させ、従業員の大きな不満につながります。空調温度を上げ過ぎずに、照明照度を落とすことと合わせて実施しましょう。

4.エレベーター

  • 重い物や大きな荷物を運搬する場合を除き、2・3 階程度の移動には階段を利用する。
    (2up3down の奨励)

5.その他

  • 自販機をタイマー制御で夜間停止させる。
  • 電子レンジ等の消費電力が大きい機器をなるべく使用し ない。
  • 退出フロアーの給湯温水器・温水洗浄便座の電源を夜間 モードにする。
  • トイレのハンドドライヤーや温水器を使用停止にする。
  • 温水洗浄便座のふたは、使用していない時は常時閉める。
  • 温水洗浄便座の便座部や加熱部の温度設定を下げる。 節電モードに設定する。
  • トイレ、給湯室等での過剰な換気をやめる。

節電効果の事例

温水洗浄便座のふたを閉めることによる省エネ効果は大きく、貯湯式で11%、瞬間式で19%の削減効果がある。ふたが開いている場合は、ふたが閉まっている場合に比べて、便座表面温度も低くなり、冬季には貯湯式で平均2.4℃、瞬間式では平均3℃の差が生じている。

便座部および加熱部の両設定を中から低にすると、貯湯式で14%、瞬間式で12%の消費電力量を削減できる。

節電モード(一定時間消費電力量が制御部のみとなる節電機能)を最大限利用すると、消費電力量を貯湯式で29%、瞬間式で25%削減することができる。これに設定温度の変更を組み合わせると、貯湯式で38%、瞬間式で33%の消費電力量を削減できる。

節電効果の例 出典

資源エネルギー庁委託調査
「ライフスタイルチェック25」の各種行動エネ効果に関する調査(平成16・17 年度版、(財)省エネルギーセンター)

資源エネルギー庁委託調査
「平成20 年度待機時消費電力調査報告書」((財)省エネルギーセンター)

※記載されている節電効果は、様々な仮定をおいた上での試算であり、削減効果を保証するものではありません。
また、機器の性能によって削減効果も変わる場合があります。

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

フォームへ進む

仲介賃貸オフィス・事務所の記事を検索

よく読まれている記事