賃貸オフィス・賃貸事務所の記事

金沢 - 賃貸不動産市場 2018年12月期

賃料相場

2019年3月25日

立地やグレード重視の企業が増加、 駅周辺大型ビルの空室が希少に。

プラス需要が堅調

シービーアールイー(株)調査による2018年12月期の金沢の空室率は、6.2%と前期(同年9月期)より0.3ポイント低下した。一部 企業の集約等による撤退が見られたものの、新規開設の動きや立地改善・設備改善を動機とする増床移転の動きは活発であり、それらが反映された結果といえる。

特に、金沢駅周辺に所在する大型ビルでは、空室予定が出た場合でも、館内増床で消化されるケースが多い。また、マーケットに空室の供給があった場合でも、間を空けずに消化される事例が見られる。こうした状況により、大型ビルの空室の動きは早く、空室自体が希少になってきたとも言えるだろう。

成約賃料は上昇傾向

想定成約賃料については、前期より上昇して10,430円/坪となった。企業が移転先ビルの立地やグレードにこだわる理由として、「優秀な人材を確保したい」という声が聞かれる。希望に見合う物件を確保するため、先行投資と考え、現行の入居賃料より予算を上げている企業が増えてきている。これも、想定成約賃料を押し上げる要因の一つになっているものと思われる。

金沢営業所 柳瀬 茂樹

相場表

種別 賃料(共益費込み) 需給の動向 空室率
推移
金沢市(中心部) 7,500円~9,500円/坪 金沢駅周辺の空室消化に伴い、大型需要の候補エリアとなっている。 やや低下
金沢駅周辺 10,000円~13,000円/坪 需要が集中しているエリアであり、特に50坪以上の空室は希少。ホテル等、開発のための短期事務所の需要も散見される。 やや低下
富山 7,500円~11,000円/坪 駅周辺を中心に、拡張移転および立地改善の動きが継続して見られる。
福井 6,500円~9,000円/坪 立地改善や設備改善を目的とした移転需要はあるものの、受け皿となるビルが少ないため、移転に至らないケースも見られる。
倉庫・配送センター
市内
2,500円~3,500円/坪 幅広い面積帯で需要はあるものの、目立った供給がない状況が続いており、探索エリアを広げる企業が多く見られる。
倉庫・配送センター
市外
2,000円~3,000円/坪 200~2,000坪の需要が一定数ある。供給があると、複数の入居希望が重なる状況。
空室率推移凡例:  上昇 上昇 やや上昇 やや上昇 横ばい 横ばい やや低下 やや低下 低下 低下

※物件検討時の予算の目安です。詳しくはシービーアールイー(株)社員におたずねください。

文中の空室率については、2014年3月期より、データ算出の対象となるオフィスビルを、原則として延床面積1,000坪以上、かつ新耐震基準に準拠した物件に変更しました。

上記の記事の内容は BZ空間誌 2019年春季号 掲載記事 掲載当時のものです。

他カテゴリの記事を読む