賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事

全国に広がる拠点網を最大限活用、巨費を投じてさらなる拡大をめざす

お役立ち

2022年5月24日

LSCは現在、北は北海道から南は九州・福岡まで22の拠点があり、153,000㎡の倉庫スペースを確保しています。これらの倉庫には、いくつかのパターンがあります。1つは、新たな地域区分局を作る際に、倉庫を併設したケースです。例えば札幌LSC(道央札幌郵便局)、岩手LSC(岩手郵便局)、東京北部LSC(東京北部郵便局)、京都LSC(京都郵便局)、岡山LSC(岡山郵便局)などは、新たな拠点を作る際に、ICのすぐ近くの立地を選んで、なるべく倉庫を設置しています。

2つめは、先に述べた集配局、および地域区分局の統廃合によりできた元の郵便局の空きスペースを、倉庫として利用したケースです。例えば、富山LSC第2倉庫(富山中央郵便局)がそうですね。大阪北郵便局は、昭和の時代には小包集中局でしたが、2013年頃から一部営業倉庫化しました。ただ、郵便局には例えば年賀状の時期など、年間で繁閑格差が大きく、その保管用スペースも確保しなくてはならないので、兼ね合いを見ながら展開する難しさがあります。このように、基本的には自社の不動産に拠点を作っていますが、それでも足りない場合には、3つめの方法として、外部の倉庫を確保しているのが現状です。

当然のことながら、大都市圏ほどこうした倉庫の需要は大きく、例えば東京は、埼玉県和光市に2015年に開設された、東京北部郵便局の内部に倉庫機能を持たせていました。しかし物量が増えてそこだけでは立ちゆかなくなり、国立府中ICの近くに賃貸借で東京多摩LSCを構えて、大消費地の需要に対応しています。また大阪では、もともと大阪北郵便局の未利用スペースを営業倉庫としてスタートしましたが、需要拡大に伴い、交野市に追加で設置しました。また京都郵便局(京都府城陽市)に、新しい地域区分局を設けた際にも倉庫を併設しています。実際にお使いいただいているお客様は、EC事業者の方々が7~8割を占めていることからも、首都圏および近畿圏を押さえることが今後も重要でしょう。また北陸の富山や四国の香川、九州の福岡など、各地の特産品・名産品を商材としたEC事業者が多いエリアの需要も大きく、まだまだ展開の余地は残されていると考えています。

こうした流れを踏まえ、2021年に発表した中期経営計画「JPビジョン2025」にもありますように、2025年までに現在の22拠点から4拠点を増やした26拠点体制にする計画です。これに伴い、 153,000㎡の倉庫スペースは、約200,000㎡に拡大される予定で、荷量の予測である13.6億個に対応していく所存です。

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

日本郵便株式会社

東京多摩LSC(東京都国立市)

日本郵便株式会社

川越西LSC(埼玉県川越市)

日本郵便株式会社

愛知LSC(愛知県小牧市)

日本郵便株式会社

大阪府中LSC(大阪府交野市)

日本郵便株式会社

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

上記内容は BZ空間誌 2022年春季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事を検索

よく読まれている記事