050-5447-7862

平日 9:00〜17:30

物件を探す

事業用不動産のあらゆるニーズを網羅するサービスと豊富な実績で、お客様の課題を解決する最適なソリューションをご提案いたします。

お役立ち情報

CBREが手掛けた、さまざまな業種・規模の移転事例のご紹介を始め、オフィスや物流拠点の移転に役立つ資料・情報をご提供しています。

マーケット情報

独自収集したデータを元に、不動産マーケットの市況を分析予測し、市場変化をいち早く捉え、ポイントをまとめた市場レポートを配信しています。
また、物件レポート、業界トレンド情報など、事業用不動産の最新情報、トレンドを配信しています。

CBREについて

事業用不動産の分野において、世界有数の企業であるCBRE。日本国内におけるその強み、拠点、会社概要をご紹介します。

ヘルプ

物件検索の使い方や、会員サービス、よくあるご質問など、当サイトをより便利にご利用いただくための情報をご紹介します。

オーナー様はこちら
仲介業者様はこちら

賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事

賃貸倉庫・物流施設の市場動向|ロジスティクスマーケットビュー2023年第2四半期

首都圏の新規需要は過去最大で空室率は横ばい
他の都市圏はいずれも空室率低下

全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市場の2023年第2四半期の動向まとめたレポートをご提供。

首都圏LMT*空室率Q2 近畿圏LMT*空室率Q2 中部圏LMT*空室率Q2 福岡圏LMT*空室率Q2

±0.0pp 前期比

-1.4pp 前期比

-1.0pp 前期比

-0.9pp 前期比

*大型マルチテナント型物流施設

  • 今期(Q2)の首都圏大型マルチテナント型物流施設(LMT)の空室率は8.2%で、前期(Q1)から横ばい。今期の新規供給は24.4万坪と、過去2年間の四半期平均約20万坪を上回る規模だった一方、新規需要はこれまでの過去最大だった2019年Q3(21.1万坪)を上回る22.5万坪を記録した。実質賃料は4,510円/坪と、対前期比0.7%下落。茨城や埼玉方面の一部では実質賃料への下方圧力が続いている。

  • 近畿圏LMTの空室率は対前期比1.4ポイント低下の3.2%。今期の新規供給はなかったが、前期竣工物件を含む複数の既存物件で空室が消化された。実質賃料は4,120円、対前期比0.2%上昇。空室が減少したことから、賃料水準が比較的低いエリアで賃料が底上げされた。

  • 中部圏LMTの空室率は対前期比1.0ポイント低下の5.2%。向こう2四半期の供給予定物件の50%程度の面積でテナントが内定しているとみられ、テナントの動きは活発。実質賃料は対前期比横ばいの3,590円/坪。

  • 福岡圏LMTの空室率は対前期比0.9ポイント低下の0.9%。福岡圏で空室のある物件は1棟のみと、需給バランスは引き続きタイトな状況。実質賃料は対前期比+0.9%の3,410円/坪。

Figure 1 : 空室率(全体)

Figure 1 : 空室率(全体)

幅広いテナント需要を背景に、新規需要は過去最大を記録 今期(Q2)の首都圏大型マルチテナント型物流施設(LMT)の空室率は8.2%で、前期(Q1)か...

エリア   2022Q2 2022Q3 2022Q4 2023Q1 2023Q2 ...

記事を探す

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。
ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は右記のフォームからお問い合わせください。

物件相談フォーム