賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事

近畿圏 | ECと物流

お役立ち

2021年5月25日

2021年の大量供給も需要堅調、空室率低下へ

近畿圏LMT*2の空室率は、2020年Q4に3.7%、対前期比0.3ポイント低下した。2017年の大量供給により需給バランスが大きく崩れたが、2018年以降は1棟借りを含む大型テナントの契約が相次いだ。2020年も16万坪の新規供給とほぼ同規模の新規需要となる見込みである。

大型化したニーズがマーケットを牽引

2021年以降も、供給が需要を喚起する状態となりそうだ。2021年の新規供給は過去最大だった2017年(29万坪)に迫る28万坪だが、現時点で75%程度の面積でテナントが内定済みとみられる。既存物件にまとまった空室がない一方で、大規模な配送センターを計画するテナントからのニーズは依然として強い。加えて、2022年の新規供給は10万坪に満たない規模のため、空室率は低下傾向をたどり、2022年には2%を下回ると予想する。

実質賃料は、空室率が急激に低下した2019年の年間上昇率7.9%には及ばないが、2020年も4%超となる見込み。今後の上昇率は若干抑制されるが、2022年まで年平均2%程度上昇、2022年Q4時点4,130円/坪を予想する。

近畿圏 交通インフラ
近畿圏LMT 需給バランス

*2 LMT:大型マルチテナント型物流施設(延床面積:近畿圏10,000坪以上)

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

上記内容は BZ空間誌 2021年春季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事を検索

よく読まれている記事