貸店舗・賃貸店舗の記事

COVID-19流行下における最新店舗マーケット動向

いまだかつて見たことがなかった、ゴールデンウィークの人影まばらな銀座、原宿、渋谷の風景。世界中のあらゆる都市で人々は人込みを避け不要不急の外出を避け、1ヶ所の例外もなく、繁華街の店舗はなんらかの被害を被ったはずだ。リテールが、新型コロナウイルス(COVID-19)による影響が特に深刻なセクターであることに疑う余地はなく、長期にわたるショッピングモールの休業や店舗営業期間の短縮、消費者心理そのものの悪化や売り上げの多くを占めてきた観光客の減少によって、すでに多額の収益を失っている。はたして、新型コロナはどれほどの影響をリテール不動産マーケットに与え、そして今後どうなっていくのか。今号の店舗マーケット情報では、CBREリサーチのレポートから、最新の東京店舗マーケットの最新の状況と、日本に先行してCOVID-19の影響を受けたアジア各国、特に中華圏における、感染下や感染収束直後の対策、ポストコロナのリテール不動産市場への見解を紹介する。

※ 2020年7月に発表されたものです。

新型コロナウィルス感染拡大 市場概況と今後の見通し

  • 売上減少に伴い既存店舗の賃料減額を要請するテナントが散見されている。
  • 決裁権者が欧米にいる海外ブランドを中心に、入居申し込みのキャンセルや検討の中断がみられる。
  • ただし、感染拡大を契機とする退店は、感染拡大前から業績が芳しくなかった一部のリテーラーに限定されている。
  • 一方、好立地で賃料に値ごろ感のある物件では、複数の国内ブランドや、感染拡大が収束しつつある中国のブランドから申し込みが入る事例がある。

リテール業界は新型コロナウイルス(COVID-19)による影響が特に深刻なセクターの一つであり、消費者心理の悪化や営業期間の短縮、地域観光業の減速によって...

全国主要商業エリアの貸店舗市場動向をまとめた四半期レポート。 銀座、表参道・原宿、新宿、渋谷、心斎橋、梅田、栄、京都、神戸、福岡の最新動向を掲載。 ...

上記の記事の内容は BZ空間誌 2020年夏季号 掲載記事 掲載当時のものです。

関連記事

アンケートに見るCOVID-19の影響と2030年物流施設マーケット予測

世界中に未曽有の事態をもたらしたCOVID-19の大流行。物流セクターは比較的被害が少なかったと言われているが、社会が変化する中、物流にも当然変化が求めら...

成長ベンチャーに訊く|時代先取りサービス

ケーススタディ

2020年7月14日

先進的なサービスを提供するベンチャー企業に共通する、 社員の“よりどころ”となるオフィスの在り方とは。 革新的なアイデアや...

新型コロナのオフィス市場への影響と、過去4度のダウントレンド期を振り返る

現在、感染者数の増加こそ鈍化したとは言え、世界経済に大きな打撃を与えた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行。今後、日本経済がどのよ...