仲介賃貸オフィス・事務所の記事

主要駅 1日当たり乗降客数MAP

都市別特集

2012年3月1日

不動産マーケット東京情報マップ:主要駅 1日当たり乗降客数MAP 不動産マーケット東京情報マップ:主要駅 1日当たり乗降客数MAP 凡例

エリアの集客力を知る上で一つのヒントとなる、最寄駅の乗降客数。各鉄道会社別に発表されるものは目にするかもしれないが、このように、JR、地下鉄、私鉄各社を 地図上で一覧にまとめた資料は、あまりないのではないだろうか。さらに同地図では、対象駅に乗り入れる各社路線の乗降客数を合計し、エリア全体の乗降客数として記している。人が動くところ、集客力があるところにビジネスチャンスが潜んでいるとするなら、この乗降客数の地図は、立地ポテンシャルを指し示す指標とも言えるだろう。

まず単純に、1日にこれだけの人が東京各所の駅を往来しているのかと驚く。東京23区の人口が約900万人であることと比較して、新宿の366万人、渋谷の301万人、池袋の251万人が、いかに膨大なボリュームであるかがうかがえる(ちなみに、JR駅単体の乗降客数では、1位が新宿駅の174万人、2位が池袋駅の109万人、3位が東京駅の94万人となる)。新宿、渋谷、池袋といった東京西部に位置する副都心の巨大なターミナル性は、こうして比べてみるとまさに桁違いであることがわかる。

次に乗降客数の多さが目立つのがJR山手線と京浜東北線が並走する各エリアだ。東京駅を中心に、秋葉原駅、上野駅、有楽町駅(銀座)、新橋駅、浜松町駅、田町駅、品川駅と50万~100万人の乗降客数を誇る。同ライン上の伝統的なビジネス街として、意外に少ない乗降客数なのが神田駅で25万人程度。同エリアは、隣接する秋葉原やお茶の水とひとくくりに考えるべきなのだろう。JRの沿線を外れると、乗降客数はぐっと少なくなる。地下鉄の巨大ターミナルである大手町駅で35万人、赤坂見附駅や永田町駅、赤坂駅、溜池山王駅、国会議事堂駅などをすべて含めた赤坂エリアでも37万人といったところ。六本木や青山、麹町、霞が関に隣接する伝統のビジネス街である虎ノ門も、ご覧の通りの水準となっている。

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

上記内容は オフィスジャパン誌 2012年春季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

仲介賃貸オフィス・事務所の記事を検索

よく読まれている記事