仲介賃貸オフィス・事務所の記事

金沢 - 賃貸不動産市場 2022年3月期

賃料相場(最新)

2022年6月14日

新規開設や増床と縮小・撤退が混在。賃料の提示額は空室状況次第。

大型供給で空室率はやや上昇

当社調査による2022年3月期の金沢における空室率は、前期(2021年12月期)より0.2ポイント上昇し7.7%となった。空室率上昇の主な要因としては、貸室総面積1,200坪強のオフィスビルの新規供給があったことが挙げられ、これによる空室率への影響は大きい。一方で、立地改善のための郊外からの移転やコールセンター・レンタルオフィスの増設等、様々な形で空室の消化も一定数のビルにおいて見られ、全体では左記の空室率の上昇にとどまった。

賃料水準はほぼ横ばい

想定成約賃料については、前期より微減し10,930円/坪とな った。賃料相場について大きな変動はなく、個別で値引きに応じるところや、賃料水準を堅持するところなどオーナーの対応は空室の状況により分かれる。

現在は、リモートワークの定着による面積縮小または拠点撤退がある一方で、新規開設や館内増床等の動きもあり、ニーズが混在している。この傾向は、もうしばらく続きそうだ。

金沢営業所 沢田 貴弘

この記事の続きを見るにはログインが必要です

※2022年2月より新会員サービスの提供を開始いたしました。お手数をおかけいたしますが、旧会員の方は 新規会員登録 をお願いいたします。

  • 会員ログインのご利用には、ブラウザや端末のCookieの設定を有効にする必要があります。 詳細はこちら

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

上記内容は BZ空間誌 2022年夏季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

仲介賃貸オフィス・事務所の記事を検索

よく読まれている記事