仲介賃貸オフィス・事務所の記事

福岡 - 賃貸不動産市場 2022年3月期

賃料相場(最新)

2022年6月14日

空室率は3期連続低下。テナントの動きが徐々に活性化。

成約賃料はやや下落

シービーアールイー(株)の調査によると、福岡における2022年3月期の空室率は、対前期(2021年12月期)比0.3ポイント低下の2.6%となった。空室率は、3期連続で低下している。今期の空室率低下の要因としては、昨年竣工した新築ビルの空室が、大きく消化されたことが考えられる。

部分解約による賃貸面積の圧縮、撤退、縮小移転の動きが見受けられた一方で、郊外の自社ビルや老朽化した自社ビルを売却し、立地改善や環境改善を目的とした移転、拡張移転や分室開設などの動きも散見された。

想定成約賃料(共益費込)は、対前期比0.1%(20円/坪)低下の16,180円/坪となった。個別に、フリーレントを含む賃貸条件の緩和をしている物件も見受けられるが、現時点では、ある一定のテナント需要があることから、大幅な賃料下落には至っていない。ただし、新築ビルもさることながら、今後発生する可能性のある二次空室や、大型空室の動向次第では、想定成約賃料に動きが出てくるだろう。

テナントの動きとしては、前期同様、依然として、高価格帯の既存物件の選定に慎重な姿勢が見受けられ、物件によっては、空室の長期化が散見されるようになってきている。また、面積別にテナントの動きを分析すると、100坪以上のテナントの動きは、わずかであり、ほとんどが100坪未満の小さな面積帯の動きとなっている。一方で、コロナ禍で、移転計画の保留を余儀なくされていた企業が、新たなワークスタイルやオフィスのコンセプトを打ち出すなど、テナントの動きは、活性化してきた印象を受ける。また、移転を機に、優秀な人材の獲得や、従業員のエンゲージメントを高めるためのオフィス環境を構築する企業も、見受けられる。

新規供給ラッシュ到来

2020年代、福岡のオフィスビルは、建て替え・開発ラッシュを迎える。需給バランスを考えると、空室率は上昇するものと予想される。働き方やオフィス環境が変化する中、オーナー側は、ビルのコンセプトを明確にし、付帯設備や付帯サービスの充実など、より独自の特徴を持たせることが必要となる。今後も「天神」「博多」両エリアの好立地、ハイグレードビルの動向に注目が集まる。

福岡支店 今福 健一

この記事の続きを見るにはログインが必要です

※2022年2月より新会員サービスの提供を開始いたしました。お手数をおかけいたしますが、旧会員の方は 新規会員登録 をお願いいたします。

  • 会員ログインのご利用には、ブラウザや端末のCookieの設定を有効にする必要があります。 詳細はこちら

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

上記内容は BZ空間誌 2022年夏季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

仲介賃貸オフィス・事務所の記事を検索

よく読まれている記事