賃貸オフィス・賃貸事務所の記事

金沢 - 賃貸不動産市場 2020年12月期

賃料相場(最新)

2021年3月16日

オフィスは新常態へ移行しながらも、マーケットへの影響は限定的。

空室率は1年ぶりにわずかに上昇

シービーアールイー(株)の調査によると、2020年12月期の金沢における空室率は5.1%と前期(2020年9月期) より0.6ポイント上昇した。空室率の上昇は2020年3月期以来である。おもな要因として、大規模床を使用していたゲーム会社が、新型コロナウイルスの影響によりリモートワークを取り入れ、スペースに余裕が出たため、既存の郊外拠点に集約し、不要となった床を解約したことが挙げられる。想定成約賃料は10,970円/ 坪となり、前期より0.2%上昇した。空室率は上昇したものの、今のところ、賃料にはほとんど影響が出ていない。

さまざまな形で、新型コロナウイルスの影響によるオフィス床の解約が散見されているものの、現在のところ、市場に大きな打撃を与えるほどのものではない。

シェアオフィス好調の背景

製薬会社では集約の傾向が継続しており、リモートワークやシェアオフィスの利用が増加している。現にシェアオフィスの稼働は好調であり、一部の企業において多様な働き方として、選択肢のひとつとなっている。今後も、このように多様化するオフィス需要の動向に注視していく必要がある。

金沢営業所 沢田 貴弘

相場表

種別 賃料(共益費込み) 需給の動向 空室率
推移
金沢市(中心部) 7,500円~9,500円/坪 一時的に大型空室が発生した影響は出ているものの、需給バランスに大きな変化はない。 やや上昇
金沢駅周辺 10,500円~13,500円/坪 顕在化した空室には一定の引き合いがあり、消化が見込まれる。 横ばい
富山 7,500円~11,000円/坪 富山駅周辺のニーズが強く、需給が逼迫し、希望区画の確保に苦慮するケースが発生している。
福井 7,000円~9,000円/坪 新築ビルの供給により、同エリア内で移転する動きが見られた。
倉庫・配送センター
市内
2,500円~3,500円/坪 空室が発生しても総じて早期に内定している。
倉庫・配送センター
市外
2,000円~3,000円/坪 供給が少なく、新規開発も視野に入れたニーズがある。
空室率推移凡例:  上昇 上昇 やや上昇 やや上昇 横ばい 横ばい やや低下 やや低下 低下 低下

※物件検討時の予算の目安です。詳しくはシービーアールイー(株)社員におたずねください。

文中の空室率については、2014年3月期より、データ算出の対象となるオフィスビルを、原則として延床面積1,000坪以上、かつ新耐震基準に準拠した物件に変更しました。

上記の記事の内容は BZ空間誌 2021年春季号 掲載記事 掲載当時のものです。

他カテゴリの記事を読む

よく読まれている記事