賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事

海外マネーを集める日本の物流施設

日本の投資市場に海外からの投資が流入している。なかでも日本の不動産市場に対する関心は2020年に高まったと言える。特に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の対策により、経済が停滞するなか、収益が相対的に安定しているとみられる住宅と物流施設の人気が高まった。

また、COVID-19の影響による巣ごもり需要によりEC市場は拡大し、高まる物流施設の需要を背景に、物流施設の建設が積極的に進められており、用地取得が過熱している。この現象は続くのか、一時なブームなのか、今後のマーケットを予測する上で重要なファクターとなる投資家へのアンケ―ト結果をひもとき、直近のマーケットレポートを紹介する。

海外マネーを集める日本の物流施設

2021年も海外投資家が売買市場を牽引 日本の投資市場に対する投資家の関心が高まっている。本調査によれば、海外投資家が選んだアジア太平洋地域でもっと...

物流施設と住宅の投資額が大幅に増加 2020年の投資額は3兆8,480億円で、対前年同期比5.2%増加、取引件数は前年より20%減少した。COVID...

EC市場の拡大続く これまで見てきたように、日本の投資市場、中でも物流施設に海外投資家の関心が高まっている。ここで日本の物流マーケットに目を向けると...

回答者属性

回答者属性
Japan 投資家 意識調査 2021

本内容は2021年3月に公表されたJAPAN 投資家意識調査2021の内容をもとにしています。 詳しくはこちらからご覧ください。

■調査対象/デベロッパー、不動産ファンド、銀行等、国内の投資家 
■調査実施期間/2020年11月から12月
■有効回答数/137

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

上記内容は BZ空間誌 2021年夏季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事を検索

よく読まれている記事

関連記事

コロナ禍で激変!小売業の新潮流―広がるダークストア

2020年に始まったコロナ禍による外出自粛は、ECの需要を急速に押し上げ、人々のライフスタイルと小売業のサプライチェーンに大きな変化をもたらした。ネットス...

コロナ禍、閉店する店舗のはなし

主要なリテールエリアにおける路面店舗の実態調査 主要なリテールエリアにある路面店舗の閉店が増えている。新型コロナウイルス感染症(COVID-...

コロナ禍のオフィスづくり

コロナ禍、多くの企業が、今後の働き方、働く場についての明確な解答を見出せずにいる。これまで培ってきたセオリーは過去のものとなり、オフィスづくりは手...