050-5447-7862

平日 9:00〜17:30

物件を探す

事業用不動産のあらゆるニーズを網羅するサービスと豊富な実績で、お客様の課題を解決する最適なソリューションをご提案いたします。

お役立ち情報

CBREが手掛けた、さまざまな業種・規模の移転事例のご紹介を始め、オフィスや物流拠点の移転に役立つ資料・情報をご提供しています。

マーケット情報

独自収集したデータを元に、不動産マーケットの市況を分析予測し、市場変化をいち早く捉え、ポイントをまとめた市場レポートを配信しています。
また、物件レポート、業界トレンド情報など、事業用不動産の最新情報、トレンドを配信しています。

CBREについて

事業用不動産の分野において、世界有数の企業であるCBRE。日本国内におけるその強み、拠点、会社概要をご紹介します。

ヘルプ

物件検索の使い方や、会員サービス、よくあるご質問など、当サイトをより便利にご利用いただくための情報をご紹介します。

仲介業者様はこちら

賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事

海外マネーを集める日本の物流施設

日本の投資市場に海外からの投資が流入している。なかでも日本の不動産市場に対する関心は2020年に高まったと言える。特に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の対策により、経済が停滞するなか、収益が相対的に安定しているとみられる住宅と物流施設の人気が高まった。

また、COVID-19の影響による巣ごもり需要によりEC市場は拡大し、高まる物流施設の需要を背景に、物流施設の建設が積極的に進められており、用地取得が過熱している。この現象は続くのか、一時なブームなのか、今後のマーケットを予測する上で重要なファクターとなる投資家へのアンケ―ト結果をひもとき、直近のマーケットレポートを紹介する。

海外マネーを集める日本の物流施設

2021年も海外投資家が売買市場を牽引 日本の投資市場に対する投資家の関心が高まっている。本調査によれば、海外投資家が選んだアジア太平洋地域でもっと...

物流施設と住宅の投資額が大幅に増加 2020年の投資額は3兆8,480億円で、対前年同期比5.2%増加、取引件数は前年より20%減少した。COVID...

EC市場の拡大続く これまで見てきたように、日本の投資市場、中でも物流施設に海外投資家の関心が高まっている。ここで日本の物流マーケットに目を向けると...

回答者属性

回答者属性
Japan 投資家 意識調査 2021

本内容は2021年3月に公表されたJAPAN 投資家意識調査2021の内容をもとにしています。 詳しくはこちらからご覧ください。

■調査対象/デベロッパー、不動産ファンド、銀行等、国内の投資家 
■調査実施期間/2020年11月から12月
■有効回答数/137

ご移転計画のあれこれ、お気軽にご相談ください

CBREでは事業用不動産のプロフェッショナルチームが、お客様の経営課題や不動産にかかわるさまざまな課題解決をサポートします。

上記内容は BZ空間誌 2021年夏季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

記事を探す

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。
ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は右記のフォームからお問い合わせください。

物件相談フォーム