賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事

賃貸倉庫・物流施設の市場動向|ロジティクスマーケットビュー2021年第3四半期

賃料相場(最新)

2021年11月11日

大規模物件の竣工で、首都圏の空室率は2%台に上昇

全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市場の2021年第3四半期の動向まとめたレポートをご提供。

首都圏LMT*空室率Q3 近畿圏LMT*空室率Q3 中部圏LMT*空室率Q3 福岡圏LMT*空室率Q3

+1.1pts 前期比

-0.1pts 前期比

+1.4pts 前期比

±0.0pts 前期比

大型マルチテナント型物流施設

  • 今期(Q3)の首都圏大型マルチテナント型物流施設(LMT)の空室率は2.6%、対前期比+1.1ポイント。複数の大規模物件の竣工で空室率は上昇したものの、新規需要も高水準。実質賃料は4,470円/坪、対前期比横ばいとなった。ただし、エリア別にみると外環道エリアは0.4%、国道16号エリアでは0.2%上昇した。

  • 近畿圏LMTの空室率は対前期比0.1ポイント低下の1.6%。新規需要は9万坪を超え、前期実績を2.5万坪上回った。実質賃料は4,100円/坪、対前期比1.2%の上昇。今後の供給が少ない地域で上昇がみられた。

  • 中部圏LMTの空室率は7.9%、対前期比1.4ポイント上昇した。空室率は一進一退も、ニーズは増加傾向にある。実質賃料は前期から変動なく、3,590円/坪となった。

  • 福岡圏LMTの空室率は、2019年Q2以来の0.0%を維持。デベロッパーは非常に積極的で、2023年以降の開発計画が複数具体化してきた。実質賃料は、対前期比+0.9%の3,230円/坪となった。

大規模物件の竣工により空室率上昇 今期(Q3)の首都圏大型マルチテナント型物流施設(LMT)の空室率は前期から1.1ポイント上昇の2.6%となった。...

ロジスティクス マーケットビュー 2021年第3四半期 PDF版のダウンロードページはこちら 上記リンクをクリックすると、レポートダウンロード...

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

フォームへ進む

賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事を検索

よく読まれている記事

関連記事

賃貸倉庫・物流施設の市場動向|ロジティクスマーケットビュー2021年第2四半期

賃料相場(最新)

2021年8月12日

実質賃料の上昇基調が続くが、テナントの選別傾向は強まる 全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市場の2021年...

賃貸倉庫・物流施設の市場動向|ロジティクスマーケットビュー2021年第1四半期

賃料相場(最新)

2021年6月3日

需要の過熱感は一服、首都圏空室率は1.1%に上昇 全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市場の2021年第1四...

賃貸倉庫・物流施設の市場動向|ロジティクスマーケットビュー2020年第4四半期

賃料相場(最新)

2021年3月2日

⾸都圏空室率、過去最低を維持 近畿圏の賃料は初の4,000円台 全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市場の2...