貸し倉庫・賃貸倉庫の記事

賃貸倉庫・物流施設の市場動向|ロジティクスマーケットビュー2020年第3四半期

賃料相場(最新)

2020年11月19日

⾸都圏の空室率は再び0.5%に低下 供給予定物件のプレリーシングも進む

全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市場の2020年第3四半期の動向まとめたレポートをご提供。

GDP
成長率 Q3
首都圏LMT※※
空室率 Q3
近畿圏LMT※※
空室率 Q3
中部圏LMT※※
空室率 Q3
-7.5%予想値※
前年同期比
-0.1pts
前期比
-0.8pts
前期比
-0.6pts
前期比

出所:日本経済研究センター、※※大型マルチテナント型物流施設

  • 今期(Q3)の首都圏大型マルチテナント型物流施設(LMT)の空室率は0.5%、前期から0.1ポイント低下し、2期前(2020年Q1)の過去最低値に並んだ。実質賃料は4,420円/坪、対前期比0.7%の上昇。既存物件の空室が極めて少ないだけでなく、供給予定物件の募集面積も消化されているため、首都圏全域で賃料は上昇傾向である。

  • 近畿圏LMTの空室率は4.0%(対前期比-0.8ポイント)、実質賃料は、対前期比+1.0%の3,970円/坪。特に大阪府内陸部の好立地では空室がまったく無く、賃料上昇を牽引。

  • 中部圏LMTの空室率は6.7%(対前期比-0.6ポイント)。昨年竣工した物件の空室消化を主因として、空室率は5四半期連続で低下。ただし実質賃料は3,590円/坪で対前期比横ばい。

テナントの動きはより活発に 今期(Q3)の⾸都圏⼤型マルチテナント型物流施設(LMT)の空室率は0.5%。前期から0.1ポイント低下し、2020年Q...

ロジスティクス マーケットビュー 2020年第3四半期 PDF版のダウンロードページはこちら 上記リンクをクリックすると、レポートダウンロード...

よく読まれている記事

関連記事

賃貸倉庫・物流施設の市場動向|ロジティクスマーケットビュー2020年第2四半期

賃料相場(最新)

2020年8月13日

首都圏の空室率は1%未満を維持 近畿圏の実質賃料は前期比+3.1% 全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市場...

賃貸倉庫・物流施設の市場動向・市場規模|ロジティクスマーケットビュー2020年第1四半期

賃料相場(最新)

2020年5月15日

首都圏の空室率0.5%、過去最低を更新 全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市場の2020年第1四半期の動向...

賃貸倉庫・物流施設の市場動向|ロジティクスマーケットビュー2019年第4四半期

賃料相場(最新)

2020年2月26日

2019年の首都圏新規需要は前年比6割増、空室率は過去最低の1.1% 全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市...