賃貸オフィス・賃貸事務所の記事

福岡 - ビジネスゾーンガイド

都市別特集

2007年12月1日

福岡 都市データ

全国主要都市ビジネスゾーンガイド 福岡 航空写真

福岡は九州経済の中心地として、古くから多くの企業が支店を構える都市。九州の玄関口である博多駅周辺には、博多口から大博通りを中心とした駅前と、筑紫口から筑紫通りを中心とした駅東にビジネス街が形成されている。また、九州一の繁華街と言える天神では、明治通りを中心にオフィス街が形成されている他、百貨店を始めとする商業施設が多数集積している。福岡では、90年代後半以降2003年頃まで、景気後退が要因となり空室率が上昇した。2004年頃から、景気の本格的な回復に伴う拡張需要の増加により、既存空室の消化が進み、現在は、2010年頃にかけて新規供給計画が多数持ち上がっている。

 都市データ
順位 調査項目 調査結果 凡例
8 人口 
(最新9月1日調査)
1,426,809人
[過去5年間の増減率:+4.3%]
各市発表の平成19年9月1日人口
過去5年間の増減率は、平成14年9月1日の人口との比較
8 企業数 69,165社
[H13→H18 増減率:-6.2%]
平成18年事業所・企業統計調査より事業総数
増減率は平成13年同統計調査との比較
6 ワーカー数 771,221人
[H13→H18 増減率:+1.3%]
平成18年事業所・企業統計調査より従業者総数
増減率は平成13年同統計調査との比較
7 大企業数 
(従業員300人以上)
169社
[H13→H18 増減率:+6.3%]
平成18年事業所・企業統計調査より
従業員数300人以上の事業所数
増減率は平成13年同統計調査との比較
12 有効求人倍率 0.87倍 平成17年度、各市内公共職業安定所における取扱数より
7 大学数 21校 平成17年5月、文部科学省学校基本調査より
5 大学生数 82,920人 平成17年5月、文部科学省学校基本調査より
4 銀行店舗数 222行 平成17年末、銀行協会発表より
5 総預金高 7兆4761億円 平成17年末、銀行協会発表より
11 ワーカー1人当たり
商品販売額
1790万円/1人 平成16年商業統計調査より
従業者1人当たりの小売業年間商品販売額
13 ワーカー1人当たり
製造品出荷額
2473万円/1人 平成16年商業統計調査より
従業者1人当たりの製造品出荷額等
9 オフィス店舗ビル
棟数
12,133棟 平成18年1月1日、各市固定資産概要調書より
事務所・店舗の建物総棟数
なお事務所・店舗とは、事務所、店舗、銀行、百貨店の計
6 オフィス店舗ビル
総床面積
3,665,984坪 平成18年1月1日、各市固定資産概要調書より
事務所・店舗の総床面積
なお事務所・店舗とは、事務所、店舗、銀行、百貨店の計
- 東京からのアクセス 空路:羽田空港-福岡空港1時間30分
- 空港 福岡空港
- 都心から空港までの
アクセス・所要時間
市営地下鉄: 博多駅-福岡空港駅5分(天神駅からは11分)

※ 順位は、17政令指定都市(札幌・仙台・新潟・さいたま・千葉・川崎・横浜・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪・堺・神戸・北九州・福岡)に東京都区部を加えた18都市によるもの。

※ 調査時点で政令指定都市になっていない都市は順位からのぞいている。
※ 銀行店舗数及び総預金高は、さいたま、千葉、川崎、新潟、浜松、堺を除く12都市中の順位。

福岡 エリア特性比較レーダーチャート

全国主要都市ビジネスゾーンガイド 福岡 MAP

赤坂・大名(アカサカ・ダイミョウ)

全国主要都市ビジネスゾーンガイド 赤坂・大名(アカサカ・ダイミョウ)のレーダーチャート

赤坂・大名は、天神の西側に広がるエリアである。明治通り、昭和通り、大正通り沿いを中心にオフィスゾーンが形成されており、西通りから大正通りの大名地区は、商業店舗が建ち並び、店舗立地として発展している。オフィス需要としては、天神地区からの滲み出し需要により、比較的堅調に推移している。

天神

全国主要都市ビジネスゾーンガイド 天神のレーダーチャート

天神は、九州一の繁華街であり、商業施設とオフィスビルが混在しているエリアである。主に明治通り、昭和通り、渡辺通りという三つの大通りを中心にオフィスビルが集積しており、併せて大型商業施設も集積しているため集客性が高く、人材派遣や各種教室など、来店型テナントの人気が高い。

呉服町・川端(ゴフクマチ・カワバタ)

全国主要都市ビジネスゾーンガイド 呉服町・川端(ゴフクマチ・カワバタ)のレーダーチャート

呉服町・川端は、博多駅前と天神の中間に位置し、大博通り、明治通り、昭和通りを中心にオフィスビルが集積している。明治通り沿いには築浅の中・大型物件が目立ち、また、2007年~2009年にかけて、複数の新規供給が予定されているため、改めてオフィスエリアとしての注目度が高まっている。

博多駅前

全国主要都市ビジネスゾーンガイド 博多駅前のレーダーチャート

博多駅前には、JR博多駅の博多口から住吉通り、大博通りを中心にオフィスビルが集積している。九州一のビジネス街であり、昭和40~50年代に竣工した大型ビルが多いが、大半はリニューアル済みとなっている。2011年春に開業するJR新博多駅に、阪急百貨店を始めとする大型商業施設が入居する予定となっており、エリアイメージが大きく変化することが予想される。

博多駅東

全国主要都市ビジネスゾーンガイド 博多駅東のレーダーチャート

博多駅東は、JR博多駅の筑紫口(新幹線口)から空港通り、筑紫通りの大通りを中心にオフィスが集積しているエリアである。大型ビルは少ない地区であるが、博多駅や都市高速、福岡空港へのアクセスが非常に良い。また、博多駅前に比べ比較的賃料水準が低く、新しい物件が多く駐車場も確保しやすいエリアである。

渡辺通・薬院(ワタナベドオリ・ヤクイン)

全国主要都市ビジネスゾーンガイド のレーダーチャート

渡辺通・薬院は、天神の南側に位置し、主に渡辺通りから西鉄薬院駅周辺にオフィスビルが集積している。現状、他のエリアに比べてオフィスビルの棟数はそれほど多くないが、今後、当地区では再開発計画やオフィスビルの計画が多数予定されており、注目が集まるエリアと言える。

北九州

人口 987,230人 企業数 46,221社
(-9.5%)
ワーカー数 419,932人
(-3.2%)

北九州のビジネス街は、新幹線停車駅であるJR小倉駅周辺に広がっている。なかでも中心部となるのはJR小倉駅南口であり、駅前から南に伸びる平和通りと、東西を走る小文字通り沿いにオフィスビルが集積している。同地に拠点を構える企業には駐車場需要が高いのだが、都心部ではストックが不足しており、JR小倉駅北口が比較的駐車場の確保がしやすい。90年代以降の景気の後退とともに福岡への拠点統合が進み、空室率は高止まりしている。ただし、近年の景気回復とともに、若干ながら新規需要の高まりが見られる。

熊本

人口 664,127人 企業数 27,813社
(-7.3%)
ワーカー数 273,355人
(-1.2%)

九州では、北九州に次ぐ拠点都市として位置づけられており、面積は小規模のものが多いが出店意欲は比較的強い。市内のビジネス街は、花畑町、辛島町、水道町を中心として、市内を走る市電の通り沿いに、生・損保オーナーを中心とするオフィスビルが建ち並んでいる。ただし、花畑町、辛島町周辺では交通渋滞が著しいため、営業に自動車を使用するテナントは、郊外への移動が比較的容易な水道町周辺を好む傾向が強い。2008年3月には、久しぶりの新規供給となる、エリア最大級のワンフロア約240坪を誇るオフィスビルの竣工が予定されており、注目を集めている。

鹿児島

人口 604,571人 企業数 29,115社
(-4.3%)
ワーカー数 258,544人
(+1.2%)

鹿児島のビジネス街は、鹿児島中央駅から天文館に至る市内中心部を走る市電の通り沿いと、鹿児島県庁周辺の鴨池に形成されている。鹿児島では、2004年に九州新幹線が一部開業した折に、福岡への拠点統合による空室率の上昇が懸念されたが、南九州の拠点としてのポテンシャルが評価され、拠点ニーズは逆に高まっている。そのため昨今は、優良な物件の空室は減少傾向にあると言える。今後の開発としては、JR鹿児島中央駅東口前に約7,000?を再開発し、2棟の大型ビルが建設される計画がある。鹿児島市内では久しぶりの新規供給となるため、注目が集まっている。

東京&横浜ビジネスゾーンガイド レーダー凡例

上記の記事の内容は オフィスジャパン誌 2007年冬季号 掲載記事 掲載当時のものです。

他カテゴリの記事を読む

よく読まれている記事