仲介賃貸オフィス・賃貸事務所の記事

福岡 - 賃貸不動産市場 2021年6月期

賃料相場(最新)

2021年9月21日

空室率上昇に歯止めかからず。新築ビルの影響が顕著に。

成約賃料も下落傾向が継続

シービーアールイー(株)の調査による、2021年6月期の福岡主要オフィスゾーンの空室率は、前期(同年3月期)から1.0ポイント上昇の3.2%となり、5期連続で上昇した。依然、企業の意思決定スピードが鈍化している状況に変わりがない中、新築ビルが竣工を迎え、新築への移転に伴う二次空室の顕在化、業績悪化やテレワーク移行に伴う、オフィスの一部返床・撤退する企業の増加が、空室率上昇の要因となっている。

想定成約賃料は対前期比0.6%下 落 の16,170円 / 坪(共益費込)となり、こちらは4期連続の下落となった。空室率の上昇が続き、募集条件を見直すビルが増え、フリーレント等、テナント予算に見合った柔軟な条件で成約するケースも多く見られる。今後も、さらなる開発計画が予定されており、新築ビルへの移転に伴う二次空室が、より顕著に表れる見込みだ。

企業の動きが鈍化する中でも、マーケットは動いている。確かに、縮小移転や予算削減による移転は、まだ数多くある。一方で、拡張移転や分室、福岡への新規開設も見られており、空室消化の動きも少なくない。新築ビルへのニーズもあり、募集通りの高価格帯での成約によって、マーケット維持の力も働いている。引き続き業績好調なIT関連、eコマース、コールセンター業などの業種では、大型空室への引き合いが後を絶たない状況だ。

今後の新規供給ラッシュ

「天神ビッグバン」第1号案件となる「天神ビジネスセンター」がついに竣工を迎え、マーケットにも、より動きが出始めている。 2022年 以 降 も、ワンフロア500坪以上の大型ビルが竣工を控えており、すでにその存在感を示している。「福岡舞鶴スクエア」(2022年春竣工予定)をはじめ として、スターレーン跡地の「(仮称)博多駅東一丁目開発計画」(2022年7月竣工予定)、「(仮称)旧大名小学校跡地活用事業」(2022年末竣工予定)、「(仮称)新福岡ビル」(2024年竣工予定)と続く見込みだ。

コロナ禍で、企業の働き方は多種多様となっている。それに伴い、オフィスのあり方も変わってきており、さらなる変化が見込まれる。新築ビルの竣工が続く中、今後のマーケット動向を注視していく必要があるだろう。

福岡支店 湯本 佳弘

相場表

種別 賃料(共益費込み) 需給の動向 空室率
推移
博多駅前 16,000円~21,000円/坪 100坪以上の大型空室も散見されるが、一時に比べ需要は増加している。想定成約賃料は横ばい。 やや上昇
博多駅東 14,000円~17,000円/坪 100坪以上の大型空室も散見されるが、一時に比べ需要は増加している。想定成約賃料は横ばい。 やや上昇
呉服町 14,000円~17,000円/坪 需給の動向に大きな変動はなく、想定成約賃料は横ばい。 横ばい
天神 19,000円~22,000円/坪 需給の動向に大きな変動はなく、想定成約賃料は横ばい。 横ばい
赤坂大名 14,000円~16,000円/坪 需給の動向に大きな変動はない。想定成約賃料は横ばい。 横ばい
北九州小倉 9,000円~11,000円/坪 大型空室への需要が停滞気味。賃料相場には下落の予兆がある。 やや上昇
中・大型倉庫
市内
3,000円~3,500円/坪 大型倉庫の空きは希少。賃料の上昇傾向が継続している。一方で新たな開発計画も活発で、供給数は増加していく見込み。2022年の供給も計画が出始めている。 横ばい
空室率推移凡例:  上昇 上昇 やや上昇 やや上昇 横ばい 横ばい やや低下 やや低下 低下 低下

※物件検討時の予算の目安です。詳しくはシービーアールイー(株)社員におたずねください。

文中の空室率については、2014年3月期より、データ算出の対象となるオフィスビルを、原則として延床面積1,000坪以上、かつ新耐震基準に準拠した物件に変更しました。

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

フォームへ進む

上記の記事の内容は BZ空間誌 2021年秋季号 掲載記事 掲載当時のものです。

仲介賃貸オフィス・賃貸事務所の記事を検索

よく読まれている記事