貸店舗・賃貸店舗の記事

表参道エリアの路面貸店舗賃料相場2017年

賃料相場

2017年11月14日

表参道エリアの路面店舗賃料相場マップ
表参道エリアの路面店舗賃料相場
1OPEN 2017年3月 イタリアのファッションブランド「ピンコ」グローバル旗艦店
2OPEN 2017年3月 シティランニングにフォーカスした新店舗「アディダス ブランドコアストア」
3OPEN 2017年3月 スポーツ×ファッションのセレクトショップ「スタイル & プレイ グレイト ヤード 」
4OPEN 2017年3月 「ライトオン」カフェ&エンタメコンテンツスペース併設の旗艦店
5OPEN 2017年4月 「フェンディ」ポップアップストア
6OPEN 2017年5月 ロサンゼルス発アイウエアブランド「ディータ」国内初の旗艦店
7OPEN 2017年7月 ブリティッシュアメリカンタバコが製造・販売する加熱式タバコ「gloストア」
8OPEN 2017年7月 「カルバン・クライン」アンダーウエア路面店
9OPEN予定 2017年10月 「アシックスストア」移転リニューアル。国内最大規模の路面店
10OPEN予定 2017年秋 「ロンシャン」旗艦店
11OPEN予定 2017年冬 バルコ運営の商業施設「原宿ゼロゲート(仮称)」出店

 

  • 引き続きスポーツブランド、ドラッグストアなどが出店需要をけん引している。またエリアの情報発信力に着目したポップアップスペースなどの開設も見られた。情報発信地というエリア特性に着目するリテーラーの需要は多い一方、相場賃料を超える金額を受け入れるほど出店意欲が強いリテーラーは、相変わらずドラッグストアに限られている。
  • 訪日外国人(特に中国人)が団体旅行から個人旅行にシフトする中で、ファッション感度の高い旅行者が裏原宿やキャットストリートに誘引されており、賃料水準も上昇を続けている。青山エリアでは複数のインテリア関連テナントが出店。
  • その他の動きとして、ラグジュアリーの出店需要が見られるものの、出店適地の物件募集は限定的で好立地の新規供給が待たれる。セカンダリーエリアの裏通りでも開発が散見されるが、大型面積ほどテナント決定までの時間を要している。

この記事の続きを見るにはログインが必要です

上記の記事の内容は BZ空間誌 2017年秋季号 掲載記事 掲載当時のものです。