貸店舗・賃貸店舗の記事

表参道エリアの路面貸店舗賃料相場2017年

賃料相場

2017年11月14日

Broker’s Opinion

  • 引き続きスポーツブランド、ドラッグストアなどが出店需要をけん引している。またエリアの情報発信力に着目したポップアップスペースなどの開設も見られた。情報発信地というエリア特性に着目するリテーラーの需要は多い一方、相場賃料を超える金額を受け入れるほど出店意欲が強いリテーラーは、相変わらずドラッグストアに限られている。
  • 訪日外国人(特に中国人)が団体旅行から個人旅行にシフトする中で、ファッション感度の高い旅行者が裏原宿やキャットストリートに誘引されており、賃料水準も上昇を続けている。青山エリアでは複数のインテリア関連テナントが出店。
  • その他の動きとして、ラグジュアリーの出店需要が見られるものの、出店適地の物件募集は限定的で好立地の新規供給が待たれる。セカンダリーエリアの裏通りでも開発が散見されるが、大型面積ほどテナント決定までの時間を要している。

路面店舗賃料相場MAP・ブランドマップの資料請求

商業の主動線、繁華街、商店街となるストリートの賃料を視覚化した『路面店舗賃料相場マップ』、各商業集積地1階路面で営業中・出店予定の店舗を、アパレル・物販を中心にマップ化した『ブランドマップ』を独自に作成しています。

出店・移転、テナント募集の参考に是非お問い合せください。
>> 2016年はサンプル公開しております。

※不動産仲介業者様、不動産鑑定会社様からのお問い合わせはご遠慮いただいております。

上記の記事の内容は BZ空間誌 2017年秋季号 掲載記事 掲載当時のものです。