貸店舗・賃貸店舗の記事

銀座エリアの路面貸店舗賃料相場2012年

賃料相場(最新)

2012年9月2日

営業担当者の一言コメント

リーマンショック以降、マーケットにおける勢力拡大が続くファストファッション。2012年に入っても「ユニクロ」「g.u.」が中央通りで相次ぎオープンするなど、銀座メインストリートの風景の変化の主役を担っている。一方、景気悪化に伴い出店の抑制、撤退・縮小が相次いできた高級ブランドだが、2010年後半からは再び出店を目にするようになった。直近でも「ヒロココシノ」「レベッカ ミンコフ」「レペット」等が出店するなどその流れは継続している。

またアパレル系以外の店舗についても、広島県のアンテナショップである「TAU」が激戦区である銀座1丁目に出店し人気を呼ぶなど、話題性のある多様なテナント出店により、銀座全体の底上げが感じられる。こうした街の変化を反映してか、路面店の空室消化は面的な広がりを見せつつあり、賃料水準も底堅くなっている。今後もテナント出店意欲が持続し、大型物件等で空室消化が鮮明になっていけば、賃料上昇も視野に入ってくるだろう。

路面店舗賃料相場MAP

商業の主動線、繁華街、商店街となるストリートの賃料を視覚化した『路面店舗賃料相場マップ』を独自に作成しています。

出店・移転、テナント募集の参考に是非お問い合せください。

※不動産仲介業者様、不動産鑑定会社様からのお問い合わせはご遠慮いただいております。

上記内容は オフィスジャパン誌 2012年秋季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

貸店舗・賃貸店舗の記事を検索

よく読まれている記事