不動産用語集

賃貸オフィスや貸事務所、貸し倉庫などの賃貸借契約、または不動産投資・不動産売買をお考えの皆様にお役立ていただけるよう、全般的な不動産用語の他、主に事業用不動産に関する専門的な契約関連、税制、不動産証券化、法規制などの用語を多数収録、解説した不動産用語集です。

SPC法【えすぴーしーほう】

SPC法とは、「特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律」の通称。特定目的会社が証券発行による特定資産の流動化を行う制度を確立するとともに、適切な投資家保護措置を講じる観点から、平成10年6月5日に公布され、同9月1日から施行された。その後、平成12年11月30日に「資産の流動化に関する法律」として改正された。この改正では、特定目的会社だけでなく、「特定目的信託」が加えられた。「特定資産」とは、不動産(宅建業法の宅地または建物)、指名金銭債権並びにこれらの受託受益権であり、「特定目的会社」については、商法上の会社等とは別の法人形態として、その設立・解散、業務等について詳細に規定している。