不動産用語集

賃貸オフィスや貸事務所、貸し倉庫などの賃貸借契約、または不動産投資・不動産売買をお考えの皆様にお役立ていただけるよう、全般的な不動産用語の他、主に事業用不動産に関する専門的な契約関連、税制、不動産証券化、法規制などの用語を多数収録、解説した不動産用語集です。

鑑定評価額【かんていひょうかがく】

鑑定評価額とは、鑑定評価によって求められる不動産の価格(賃料)。この価格を求めるには、不動産の効用(収益性・利便性・快適性)、不動産の相対的希少性(再構築の際の費用性)、不動産似対する有効需要(いくらで取引されているかの市場性)の三面性に基づいて分析することができる。不動産の再調達原価に着目する原価方式,取引事例や賃貸事例に着目する比較方式及び不動産から生ずる収益に着目する収益方式の三方式。鑑定評価を行う場合は,原則としてこれら三方式が併用されるが、案件によっては一または二方式だけによることもある。各方式の適用によって導き出された価格(賃料)を試算価格(賃料)といい,この試算価格(質料)を総合調整して最終的に決定される価額が鑑定評価額である。