賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事

ロジスティクスマーケットビュー 2018年第4四半期

賃料相場(最新)

2019年2月26日

首都圏全エリア、近畿圏、中部圏の 実質賃料がいずれも上昇

全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市場の2018年第4四半期の動向まとめたレポートをご提供。

GDP
成長率 Q4
首都圏LMT※※
空室率 Q4
近畿圏LMT※※
空室率 Q4
中部圏LMT※※
空室率 Q4
+0.9%予想値※
前年同期比
-1.3pts
対前期比
-2.0pts
対前期比
-4.0pts
対前期比

出所:日本経済研究センター、 ※※大型マルチテナント型物流施設

  • 今期(Q4)の首都圏大型マルチテナント型物流施設(LMT)の空室率は4.8%と、前期から1.3ポイント低下した。2015年Q3以来の低水準。年末にかけて予想以上のペースで空室が消化され、新規需要は122,000坪と四半期ベースで2004年の調査開始以来過去2番目の規模を記録。

  • 今期の新規供給は3棟合計89,000坪。そのうち1棟が満床で竣工するなど、新築物件のリーシングも順調。需要の強さを背景として首都圏全エリアで実質賃料が上昇し、首都圏全体の平均は対前期比+0.2%の4,150円/坪となった。

  • 今後の新規供給は、2019年Q1に206,000坪、2019年Q2に100,000坪が予定されている。いずれも、2016年~2018年の四半期平均を上回る規模。しかし、これらのリーシングは順調に進んでいるため、2019年Q2の空室率は4.9%にとどまると予測。

  • 近畿圏LMTの空室率は13.0%、対前期比2.0ポイント低下。内陸の新規供給1棟が満床となったほか、湾岸部の需給バランスもさらに改善した。実質賃料は対前期比1.4%上昇の3,530円/坪となった。近畿圏で賃料が上昇するのは、2015年Q3以来。

  • 向こう2四半期の新規供給62,000坪は、2016年以降でみると落ち着いた供給量。ただし、物流用地としては新興の立地での開発もあることから、2019年Q2の空室率は今期から微増の13.4%を予測。

  • 中部圏LMTは今期は新規竣工がなく、既存物件で空室消化が進んだ。空室率は対前期比4.0ポイント低下の4.6%となり、実質賃料は3,550円/坪に0.3%上昇。

  • 2019年Q1、Q2には計77,000坪の新規供給が集中する。そのため、空室率は一旦上昇するのものの、その後は段階的に低下すると見込んでいる。

空室消化が急速に進んだ 今期(Q4)の首都圏大型マルチテナント型物流施設(LMT)の空室率は4.8%と、前期(Q3)から1.3ポイント低下した。20...

実質賃料、2015年Q3以来の上昇 近畿圏LMTの今期(Q4)の空室率は13.0%、Q3から2.0ポイント低下した。今期の新規供給1棟が満床で竣工し...

需給バランスはよりタイトに 中部圏では、LMTの新規供給がない中、既存物件で空室消化が進んだ。空室率は対前期比4.0ポイント低下の4.6%、2016...

空室不足が際立つ。新たな物流立地に注目 2018年Q2に竣工した大型物件で、大手通販企業の入居が決まり、稼働率は約50%に高まった。福岡圏で空室のあ...

ロジスティクス マーケットビュー 2018年第4四半期 PDF版のダウンロードページはこちら 上記リンクをクリックすると、レポートダウンロード...

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

賃貸物流倉庫・大型貸し倉庫の記事を検索

よく読まれている記事

関連記事

賃貸倉庫・物流施設の市場動向・市場規模|ロジティクスマーケットビュー2020年第1四半期

賃料相場(最新)

2020年5月15日

首都圏の空室率0.5%、過去最低を更新 全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市場の2020年第1四半期の動向...

賃貸倉庫・物流施設の市場動向|ロジティクスマーケットビュー2019年第4四半期

賃料相場(最新)

2020年2月26日

2019年の首都圏新規需要は前年比6割増、空室率は過去最低の1.1% 全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物流施設市...

ロジスティクスマーケットビュー 2019年第3四半期

賃料相場(最新)

2019年11月14日

全国で需要旺盛 首都圏の空室率は過去最低の2.4% 圏央道も3%を下回る 全国16都市 54ゾーンの賃料や空室率などのデータをもとに賃貸倉庫・物...