貸店舗・賃貸店舗の記事

札幌エリアの路面貸店舗賃料相場2022年

賃料相場(最新)

2022年6月3日

Broker’s Opinion

  • 大通駅の顔となる大型商業施設「4丁目プラザ」が2022年1月末をもって閉店。一方で2022年秋頃には南1条西2丁目で「IKEUCHI GATEビル」建替計画が竣工予定。さらに2023年には「南2西3南西地区第一種市街地再開発事業」が完了予定。今後数年で大通の景色は大きく変化する。
  • 「札幌ゼロゲート」ではラオックス札幌本店閉店後に「au Style SAPPORO」と「キャンドゥ」がオープン。新型コロナウイルスの影響によるテナント退去があったものの、札幌中心部は後継テナントがつき、低空室率が続く。
  • アフターコロナを見据え、水面下で札幌出店を検討する企業が増えている。ただし、出店のエリア、タイミングはこれまで以上に慎重となり、案件成約までの時間が長期化している印象。

路面店舗賃料相場MAP

商業の主動線、繁華街、商店街となるストリートの賃料を視覚化した『路面店舗賃料相場マップ』を独自に作成しています。

出店・移転、テナント募集の参考に是非お問い合せください。

※不動産仲介業者様、不動産鑑定会社様からのお問い合わせはご遠慮いただいております。

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は下記のフォームからお問い合わせください。

上記内容は BZ空間誌 2022年春季号 掲載記事 です。本ページへの転載時に一部加筆修正している場合がございます。

貸店舗・賃貸店舗の記事を検索

よく読まれている記事