貸店舗の記事

渋谷エリア

賃料相場

2017年11月14日

渋谷エリアの路面店舗賃料相場マップ
渋谷エリアの路面店舗賃料相場
1OPEN 2017年4月 店舗、オフィス、住宅等からなるクリエイターのための複合施設「渋谷キャスト」
2OPEN 2017年4月 「アクネ ストゥディオズ」の新ライン「ブロコンスト」世界初の店舗
3OPEN 2017年5月 モンストのグッズ販売などを行う常設店舗「XFLAG STORE SHIBUYA」
4OPEN 2017年5月 ジンズや飲食店等が入居する商業施設「ヒューリックアンニュー シブヤ」
5OPEN 2017年5月 「ドン・キホーテ」が移転・拡大し「MEGAドン・キホーテ」にリニューアル
6OPEN 2017年5月 テイクアンドギヴ・ニーズが運営する「トランク ホテル」
7OPEN 2017年6月 シダックス跡に「ニトリ」都内初となる旗艦店
8OPEN 2017年6月 ハウステンボスが運営するVR体験施設「シブヤVRランド」
9CLOSE 2017年5月 オープンから約20年「GAP」閉店
10CLOSE 2017年7月 渋谷駅改良工事に伴い商業施設「ルミネマン」が営業終了

 

  • 主な出店需要は、スポーツブランド、ドラッグストア、カジュアルブランドなど。特に渋谷のスクランブル交差点は世界的な知名度が高く、海外リテーラーの関心も高まっている。
  • ファッションブランドが集積している神南エリアは、パルコの建替休業、「GAP」の閉店などが続き、集客が厳しい状況となっている。2017年度中に予定される「コエ」の旗艦店オープンや、2019年秋のパルコ再オープンが待たれる。
  • 「ニトリ」「ドン・キホーテ」という国内大手リテーラーによる大型店の出店が相次いだ一方で、複数のアパレルブランドや大型書店が、日本撤退や戦略変更などを理由に退店した事例があった。引き続き多くのリテーラーは、渋谷駅周辺の再開発がエリアに与える影響を見極めるため、様子見の姿勢となっている。

この記事の続きを見るにはログインが必要です

上記の記事の内容は BZ空間誌 2017年秋季号 掲載記事 掲載当時のものです。

他カテゴリの記事を読む