貸店舗・賃貸店舗の記事

渋谷エリアの路面貸店舗賃料相場2017年

賃料相場

2017年11月14日

Broker’s Opinion

  • 主な出店需要は、スポーツブランド、ドラッグストア、カジュアルブランドなど。特に渋谷のスクランブル交差点は世界的な知名度が高く、海外リテーラーの関心も高まっている。
  • ファッションブランドが集積している神南エリアは、パルコの建替休業、「GAP」の閉店などが続き、集客が厳しい状況となっている。2017年度中に予定される「コエ」の旗艦店オープンや、2019年秋のパルコ再オープンが待たれる。
  • 「ニトリ」「ドン・キホーテ」という国内大手リテーラーによる大型店の出店が相次いだ一方で、複数のアパレルブランドや大型書店が、日本撤退や戦略変更などを理由に退店した事例があった。引き続き多くのリテーラーは、渋谷駅周辺の再開発がエリアに与える影響を見極めるため、様子見の姿勢となっている。

路面店舗賃料相場MAP・ブランドマップの資料請求

商業の主動線、繁華街、商店街となるストリートの賃料を視覚化した『路面店舗賃料相場マップ』、各商業集積地1階路面で営業中・出店予定の店舗を、アパレル・物販を中心にマップ化した『ブランドマップ』を独自に作成しています。

出店・移転、テナント募集の参考に是非お問い合せください。
>> 2016年はサンプル公開しております。

※不動産仲介業者様、不動産鑑定会社様からのお問い合わせはご遠慮いただいております。

上記の記事の内容は BZ空間誌 2017年秋季号 掲載記事 掲載当時のものです。