050-5447-7862

平日 9:00〜17:30

物件を探す

事業用不動産のあらゆるニーズを網羅するサービスと豊富な実績で、お客様の課題を解決する最適なソリューションをご提案いたします。

お役立ち情報

CBREが手掛けた、さまざまな業種・規模の移転事例のご紹介を始め、オフィスや物流拠点の移転に役立つ資料・情報をご提供しています。

マーケット情報

独自収集したデータを元に、不動産マーケットの市況を分析予測し、市場変化をいち早く捉え、ポイントをまとめた市場レポートを配信しています。
また、物件レポート、業界トレンド情報など、事業用不動産の最新情報、トレンドを配信しています。

CBREについて

事業用不動産の分野において、世界有数の企業であるCBRE。日本国内におけるその強み、拠点、会社概要をご紹介します。

ヘルプ

物件検索の使い方や、会員サービス、よくあるご質問など、当サイトをより便利にご利用いただくための情報をご紹介します。

オーナー様はこちら
仲介業者様はこちら

賃貸オフィス・事務所の記事

オフィスマーケットビュー(賃貸オフィス相場動向) 2023年第2四半期

東京グレードA賃料の下落は一服も、
今後の大量供給により調整局面は続く

全国主要都市の賃貸オフィスビル市場動向をまとめた四半期レポート。
2023年第2四半期の空室率・平均募集賃料・需給面積を解説を交えて掲載。

GDP成長率 Q2 日銀短観DI Q2(全規模・全産業) 東京グレードA賃料 Q2 東京グレードA空室率 Q2

+0.3% 予想値 前年同期比

8pts 前期比+3pts

±0.0% 前期比

+1.8pts 前期比

※ 出所:日本経済研究センター

  • 東京:オールグレード空室率は3四半期ぶりに上昇
    今期(Q2)のオールグレード空室率は4.9%と対前期比0.3ポイント上昇。新規供給が大きく空室を残したことが主因。ただし既存ビルで空室消化が進んだため、新規供給の空室はストックの0.7%程度の規模だったが 、空室率は0.3ポイントの上昇にとどまった。オールグレード賃料は対前期比0.2%の下落。空室消化が長引くビルを中心に、賃料調整が続いた。
  • 大阪:テナントの需要は底堅い
    今期のオールグレード空室率は3.7%と対前期比 0.1ポイントの上昇。昨年竣工したビルへの移転により、大型の二次空室が複数顕在化したことが主因。ただし、前期に続き、総じて需要は底堅く、郊外からの立地改善や、集約、拡張移転、館内増床などで一定の空室消化がみられた。オールグレード賃料は対前期比横ばい。大型区画の引き合いは依然として鈍い。
  • 名古屋:オールグレード空室率は3期連続で低下
    今期のオールグレード空室率は対前期比-0.3ポイントの5.2%と3期連続で低下。昨年に比べ、中小型区画だけでなく、大型 区画に対するニーズも増えつつある。面積帯を問わず空室消化が進んだ結果、空室率は全てのグレードで低下した。オールグレード賃料は対前期比+0.4%と2021年Q1以来の上昇。一度引き下げた募集賃料を従前の水準に戻す動きがみられた。
  • 地方都市:既存ビルの空室消化が進み、空室率低下の都市が増加
    今期のオールグレード空室率は、10都市中7都市で対前期比低下、3都市で上昇。前期に続き既存ビルで空室消化が進み、空室率が低下した都市は前期の5都市から増加した。オールグレード賃料は、10都市中7都市で対前期比上昇、3都市で下落。賃料が上昇した都市では、賃料が割安なビルや、リーシングが好調な新築ビルで募集賃料を見直す動きがみられた。

オールグレード空室率は3四半期ぶりに上昇 今期(Q2)のオールグレード空室率は対前期比+0.3ポイントの4.9%と3四半期ぶりに上昇した。今期の新規...

東京 空室率(%) 2022Q2 2023Q1 2023Q2 対前期比(pts) 対...

ご移転計画のあれこれ、お気軽にご相談ください

CBREでは事業用不動産のプロフェッショナルチームが、お客様の経営課題や不動産にかかわるさまざまな課題解決をサポートします。

記事を探す

物件をお探しのお客様専用窓口

CBREの記事をお読み頂き誠にありがとうございます。
ご移転のプランニングや優良未公開物件の仲介をご用命の際は右記のフォームからお問い合わせください。

物件相談フォーム