事業用不動産レポート

ニュース、市況から、分析、診断まで事業用不動産の最新情報を紹介

MARKETVIEW Japan Logistics

MARKETVIEW Japan Logistics, Q3 2016

全体動向-2016年第3四半期

全体動向-2016年第3四半期

物流業界の動向、賃貸物流施設の供給・賃料動向と2016年第3四半期のマーケットをマクロの視点で分析。

大型物流施設に対する需要は堅調に拡大している。配送効率化のための集約移転のほか、eコマース対応のための配送インフラの拡充などが引き続き需要を牽引。2016…

首都圏-2016年第3四半期

首都圏-2016年第3四半期会員限定

首都圏LMT(Large Multi-Tenant Properties=大型マルチテナント型物流施設)の2016年の新規需要はQ3までで27万坪。過去最高値を記録した2015年の年間実績(22万坪)を早くも上回った。

今期(Q3)の首都圏大型マルチテナント型物流施設(LMT)マーケットでは4棟、計93,000坪の新規供給があった。前期まで3四半期続いた12万坪以上の大量供給は一段…

近畿圏-2016年第3四半期

近畿圏-2016年第3四半期会員限定

近畿圏LMTの空室率は6.9%に上昇も、新規需要は46,000坪の高水準。内陸の新築物件が大型需要を吸引。

今期(Q3)のLMTの新規供給は2棟、79,000坪で、四半期ベースの過去最高を記録した。空室率は前期の1.9%から6.9%に大きく上昇したものの、新規需要は歴代4位の…

中部圏-2016年第3四半期

中部圏-2016年第3四半期会員限定

中部圏の2016年第3四半期賃貸物流施設マーケット動向を解説。

慢性的に需給がタイトな中部圏にあって、中大型の空室は特に少ない。募集に出ていた空室が今期中にテナント決定が進み、既存物件で2,000坪以上の空室はわずか数…

その他の地域-2016年第3四半期

その他の地域-2016年第3四半期会員限定

九州圏、中国圏、東北圏と北海道の、2016年第3四半期の賃貸物流施設マーケット動向を解説。

福岡圏でも需給の逼迫度は増している。「ロジクロス福岡久山」が満室稼働を発表するなど、中大型の空室消化が 進み、2,000坪以上の空室は1棟もない状態である。…

CBRE

CBREは世界450拠点以上、国内10拠点のネットワークを有する世界最大の事業用不動産サービス企業です。業界随一のデータストックと経験豊かなプロフェッショナルによって、あらゆる不動産課題に最適なサービスをご提供します。

この記事に関連した物件

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ先一覧
賃貸オフィス・貸し倉庫・貸店舗に関するお問い合わせ
物流拠点に関する課題解決ならシービーアールイーにご相談ください。
全国のプロスタッフが、ワンストップで機動的なソリューションを提供します。
シービーアールイー株式会社 東京本社 インダストリアル営業本部03-5288-9720
物件をお探しのお客様