賃貸オフィス・賃貸事務所の記事

コワーキングオフィス - 新たな働き方のプラットフォーム

お役立ち

2018年10月9日

2018年9月時点での都内コワーキングオフィス市場規模は346拠点、6.6万坪- この2年間で急拡大、2016年までの17年間の開設面積(3.3万坪)を超え、賃貸マーケットにおける存在感が高まる

CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は2018年9月27日、特別レポート「コワーキングオフィス - 新たな働き方のプラットフォーム」を発表しました。
当レポートは、コワーキングオフィスとその他のフレキシブルオフィスの分類を明確にしたうえで、コワーキングオフィスの現状と今後の見通しについて考察したものです。

東京都内におけるコワーキングオフィスの市場規模は、2018年9月時点で346拠点、6.6万坪。これは東京23区の賃貸オフィス全体の面積の約1.0%に相当する規模でしかありません。しかしながら、東京23区の賃貸オフィス成約面積に対する、コワーキングオフィスの開設面積の割合でみると、2018年上半期(1月~6月)時点で7.9%に達し、存在感を増してきています。

これまでは、個人やスタートアップ企業がオフィスコストを抑える目的で利用する、小規模なコワーキングオフィスが多数を占めていました。近年、大規模なコワーキングオフィスが増えてきたことで、生産性向上や従業員の利便性を高める手段のひとつとして、大企業もコワーキングオフィスの利用を検討するようになってきています。職場環境のみならず、賃貸借契約についても柔軟性がますます求められるようになっていることに加え、会計基準の変更なども背景に、当面はコワーキングオフィスの市場規模は拡大が続くと予想されます。

主なポイント

  • コワーキングオフィスとは
    異なる企業に属する者あるいは個人同士が、共通の場で机、椅子、会議室などの設備をシェアし、利用者同士のコミュニケーションを促進するハード面およびソフト面の仕組みが構築されているワークスペース。
  • コワーキングオフィスは黎明期、普及期を越え、発展期へ
    コワーキングオフィスのこれまでの増加の背景として、1)起業数の増加、2)空室率が高止まりしていた局面でのオーナーのリーシング戦略、3)リモートワークの必要性の高まり、4)生産性向上がより一層求められていること、などが挙げられます。起業数の増加は今後も続くとみられます。東京においては2020年にオフィスビルの大量供給を控えています。労働需給がタイトな中、リモートワークを含む多様な働き方を推奨する企業は今後も増えるでしょう。同じく、労働力不足が深刻化する中で、生産性向上は起業にとって引き続き喫緊の課題です。これらに鑑みると、コワーキング市場は、当面は拡大が続くと予想されます。
  • コワーキングオフィスの立地は、従前のオフィス集積に比例するとは限らない
    エリア別でコワーキングオフィス市場規模が最も大きいのは、「丸の内・大手町」、次いで「六本木・赤坂」、「渋谷・恵比寿」。一方、既存のオフィス市場に対する割合で見ると、高い順に「城西」、「渋谷・恵比寿」、「六本木・赤坂」、「丸の内・大手町」と続きます。これらのエリアでは、IT、金融(Fintech)、スタートアップ企業の集積地を中心にコワーキングオフィスの浸透が進んでいます。
  • ビルグレードで見るコワーキングオフィス - 大企業向けのコワーキングオフィスは未だ限定的
    全346拠点のコワーキングオフィスのうち、276拠点(80%)がGrade B未満のオフィスビル、若しくはオフィスビル以外の用途の施設(住宅、ホテル、物流施設、公的施設)に入居しています。企業がコワーキングを利用するにあたっては、従業員の安全を担保するためにも一定のグレード以上のビルに入居するコワーキングオフィスを選択するとみられます。しかし、そのような選択肢は極めて限られているのが現状です。
  • コワーキングオフィスのランニングコストは、一般オフィスをやや下回ると試算される
    コワーキングオフィスの利用料*を坪単価に引きなおしてみると、ランニングコストは一般オフィス賃料をやや下回ると試算されます(Figure 2)(*注:ホットデスク(=他の利用者と共有するフリーアドレスのデスク)の利用料)。

CBRE ワークプレイスストラテジー ディレクターのリトー・ルホンは、「コワーキングオフィスのユーザー層は、スタートアップ、起業家、IT企業に代表されるミレニアル世代のクライアントだけではなく、より幅広くなっており、一般企業からの需要も今後増えていくことが予想される。働く場所の多様化がさらに進むことで、オフィスの果たす役割はますます重要になっていくであろう」とコメントしています。

また、CBRE リサーチ アソシエイトディレクターの五十嵐 芳生は、「技術革新のスピードが加速していることで、企業の主力事業のライフサイクルもますます短くなっている。そのため、オフィスの契約にも、ビジネスの満ち引きに合わせられるようなフレキシビリティが求められるようになってきており、コワーキングオフィスの利用を検討する企業も増えてきている」とコメントしています。
 

Figure 1: 東京23区コワーキングオフィス開設面積と開設数の推移

Figure 1: 東京23区コワーキングオフィス開設面積と開設数の推移

 

Figure 2: 入居ビルと利用料の関係

Figure 2: 入居ビルと利用料の関係

詳しい解説はダウンロードしてお楽しみください

コワーキングオフィス - 新たな働き方のプラットフォーム

 

目次

  • 01 - Introduction
  • 02 - コワーキングオフィスの現状
  • 03 - メリットとリスク
  • 04 - Outlook

作成:2018年9月

 

他カテゴリの記事を読む

関連記事

フリーアドレス導入によるオフィス構築の変化

お役立ち

2018年9月13日

導入目的は働き方の変革や生産性向上 オフィススペースのあり方は、よりフレキシブルに CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は2018年8月10...

第6回(最終回) 人と場をデザインする「感性・五感投資メソッド」の期待価値と実践導入手法 元スクウェア・エニックス総務部長 岡田大士郎 氏

お役立ち

2018年8月7日

このシリーズも最終回となりました。 シリーズを通してお伝えしてきた事は、皆さん一人ひとりが、生活や暮らしに潤いを感じ、働く楽しさや喜びを実感できる「幸福...

第5回 居心地と快適を創り出すABWの新思考 “フリースタイル・ワーキング” 元スクウェア・エニックス総務部長 岡田大士郎 氏

お役立ち

2018年7月31日

「居心地」とは、『ある場所・地位などにいるときの感じや気持ち。居心(いごころ)。「居心地のよい部屋」』(大辞林)とあります。 人間が感じる「気持ち」つま...