事業用不動産レポート

ニュース、市況から、分析、診断まで事業用不動産の最新情報を紹介

港区

東京-2017年第2四半期会員限定

東京-2017年第2四半期

グレードAの空室率が4期ぶりに低下。東京における2017年第2四半期の賃貸オフィスビル市況動向。

今期(Q2)のオールグレードの空室率は対前期比-0.1ポイントの2.3%となった。国内外の景気回復を受け、国内では企業業績が改善している。オフィス市場におい…

スケッチャーズジャパン合同会社

スケッチャーズジャパン合同会社

汐留のランドマークにショールームをオープン!
日本市場でのさらなる飛躍を目指すシューズブランドの
本社兼ショールーム移転プロジェクト。

アメリカのシューズブランド「スケッチャーズ」の日本法人は、2016年6月、本社兼ショールームを六本木から汐留の高層オフィスビルに移転。地上36階に、スケッチ…

東京-2017年第1四半期会員限定

東京-2017年第1四半期

オールグレード空室率は再び上昇に転じる。東京における2017年第1四半期の賃貸オフィスビル市況動向。

今期(Q1)のオールグレードの空室率は対前期比+0.1ポイントの2.4%となり、2四半期ぶりに上昇した。複数のグレードAビルが、いずれも空室を抱えて竣工したこ…

東京-2016年第4四半期会員限定

東京-2016年第4四半期

オールグレード空室率は再び低下。東京における2016年第4四半期の賃貸オフィスビル市況動向。

今期(Q4)は、オールグレードの新規供給30,000坪に対し、新規需要はプラス41,000坪となった。年間の新規需要はプラス220,000坪となり、過去10年間の平均182,00…

東京-2016年第3四半期会員限定

東京-2016年第3四半期

オールグレード空室率は2012年Q4以来、15期ぶりに上昇。東京における2016年第3四半期の賃貸オフィスビル市況動向。

今期(Q3)は、オールグレードの新規供給39,000坪に対し、新規需要はプラス29,300坪となった。この需給ギャップは大型ビルが空室を残して竣工したことが主因で…

東京-2016年第2四半期会員限定

東京-2016年第2四半期

オールグレード空室率は14期連続で低下。東京における2016年第2四半期の賃貸オフィスビル市況動向。

今期(Q2)の東京オフィス市場では、オールグレードの新規供給67,700坪に対し、新規需要はプラス80,400坪と前期に続き大きく伸長した。新規需要の上期ベースで…

東京-2016年第1四半期

東京-2016年第1四半期

東京の空室率は2008年Q3以来7年ぶりの4%割れ。東京における2016年第1四半期の賃貸オフィスビル市況動向。

今期(Q1)の東京オフィス市場では、オールグレードの新規供給57,700坪に対し、新規需要はプラス74,000坪と前期に続き大きく伸長した。事業拡張や集約等のため…

東京-2015年第4四半期

東京-2015年第4四半期

東京のグレードAオフィスの空室率は2008年Q3以来7年ぶりの4%割れ。東京における2015年第4四半期の賃貸オフィスビル市況動向。

今期(Q4)の東京オフィス市場では、オールグレードの新規 供給が33,800坪に対し、新規需要はプラス75,100坪と大 きく伸長した。この結果、空室率は3.0%で対前…

日本水産株式会社

日本水産株式会社

50年ぶりの本社移転を改革のチャンスと捉え、
生産性の高いワークプレイスを構築。
今後100年の発展を見据え、空間創造にチャレンジ。

“ニッスイ”の名で知られる水産物製造加工大手の日本水産株式会社が、2014年8月、オフィス環境整備による業務効率の改善を目的に、本社を港区西新橋…

東京-2014年第2四半期

東京-2014年第2四半期

今期の東京グレードA空室率は対前期比0.1ポイントとわずかながら3期ぶりの上昇となった。東京における2014年第2四半期の賃貸オフィスビル市況動向。

グレードA 東京全体

CBRE

CBREは世界450拠点以上、国内10拠点のネットワークを有する世界最大の事業用不動産サービス企業です。業界随一のデータストックと経験豊かなプロフェッショナルによって、あらゆる不動産課題に最適なサービスをご提供します。

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ先一覧
事業用不動産に関するお問い合わせ
シービーアールイーのあらゆる分野を網羅するサービスと、豊富な実績が
不動産課題に最適なソリューションをご提供いたします
シービーアールイー株式会社
物件をお探しのお客様